十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

いたいのいたいのとんでゆけ」 みんなの声

いたいのいたいのとんでゆけ 作:新井悦子
絵:野村 たかあき
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012/1
ISBN:9784790252351
評価スコア 4.58
評価ランキング 3,908
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 木版画の切り味

    作者のお子さんとの会話の中から生まれたというかわいいお話です
    転んでしまってイタイイタイと泣く子供に「痛いの痛いのとんでゆけ〜」はもうおなじみのおまじないです
    その痛いのが「小山のおにさん」に飛んでいったから、何も悪いことをしていないおにもたまりません
    痛みが和むお風呂に入れてくれる実は優しいおにに親近感を覚えます
    おだんごをお礼に送るところにも、これでもかという優しさを感じます
    木版画の切り口に味があって絵本が魅力的です

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素朴で温かい

    痛いの痛いの、とんでゆけ〜
    痛いのは、一体どこにとんでいった??
    そんな素朴な疑問から生まれたお話。

    おばあちゃんを思う優しい孫娘。
    ぶっきらぼうだけど、とっても優しい鬼さん。

    このお話にあるのは、誰かを思いやる心。
    版画も、ぬくもりが感じられていいですね。
    素朴で、とっても温かい一冊です。

    掲載日:2016/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自作のお風呂に入れてくれる優しい鬼。笑

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    面白いお話でした。孫がおばあの痛いの痛いのを鬼に飛ばしたら鬼がやってきて、痛くされてはたまらぬと自作のお風呂に入れてあげ、2人はお礼に美味いの美味いのを飛ばしました。最後のページで鬼が自作の風呂の中で美味そうに団子を食べる姿がいいですね。

    掲載日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心あたたまる創作民話

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子14歳

    子どもが転んで、痛くて泣いてる時のおまじない、
    「いたいの いたいの とんでゆけ〜」は、
    どのお母さんも言った経験があると思います。

    もし、この痛いのが本当に飛んで行ったら?

    面白いでしょうね。
    飛んでいった先が、鬼のところへ。
    な〜んにも悪くないのに、鬼だってたまりませんよね。

    鬼は怒ってどうすると思います?
    なんと、ばあさまを鬼のお風呂に入れてあげるんです。
    その理由は・・・

    優しいですね。
    自分は痛い目にあったのに・・・

    優しいさよちゃんが、飛ばした「いたいの」だったけど、
    すべては優しさから。

    とばっちりをくった鬼も優しかったし、
    お礼にと、おだんごを飛ばしたりと、
    みんなの優しさにあふれたお話でした。

    木版画の絵は、昔風であたたかみがあって素敵です。

    年長さんの読み聞かせに使いましたが、
    年中さんからでもいいと思います。

    掲載日:2014/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鬼が怖くなった息子

    2歳の息子に図書館で借りてきました。


    いたいのいたいのとんでゆけ〜!
    ってよく我が家でも使っていますが、
    この絵本を読んでから、このセリフを言ったあとに
    鬼と言ったら半泣き状態になります笑

    最後は鬼と仲良く温泉に入るので
    鬼は怖くないんだよと説明してるんですが
    今でも鬼は怖いみたいです。

    掲載日:2014/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鬼もやさしい

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子4歳

    いたいのいたいのとんでいけ!おにのところに
    ばあさまのいたいいたいを飛ばします。
    山の奥に住んでいるおにはおこって里に下りてきます。

    おばあちゃんを思う優しい気持ちに
    おにも自分みたいに一人ぼっちになってはかわいそうだと
    ばあさまをおにのお風呂に入れてあげます。

    おにもさみしいんだなぁ
    おにもやさしいんだなぁ
    おにもいいところあるなぁ
    と鬼への気持ちが変わる一冊です

    掲載日:2014/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • とんでった先では・・・

    • わにぼうさん
    • 40代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子9歳、男の子5歳

    ケガしたりで痛いよ〜って泣くとき。
    「いたいのいたいのとんでゆけ〜」ってよくやりますよね。
    私も次男が2〜3歳ごろに、「痛い」っていうときはやってました。

    しかも、「誰に飛ばす?」と聞くと、必ず同い年の従弟に(笑)

    今頃◎◎ちゃん(男)が「あれ?なんか痛い」って言ってるかもと
    話しながら、深く考えてはいませんでした。

    このお話でも、屋根から落ちて痛がるおばあちゃんのために
    優しいさよちゃんが「いたいのいたいの〜」と
    お山のオニに飛ばしてしまいます。

    でもね、オニにとってはいい迷惑。
    そして大きな強いオニでも痛いものは痛い。たんこぶも痛い。

    どうなるんだろうとドキドキしましたが、みんなの優しい気持ちが
    いっぱいで良かったね〜とホッとしました。

    飛ばしてスッキリしてても、飛んでった先では…。
    行為の先を想像する気持ち。実は大事なんですね〜。

    掲載日:2013/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 版画

    「いたいの いたいの とんでいけ〜」って、今でも孫が怪我をすると

    よく言う言葉です。痛いのが跳んでいってもらうのまで考えていません

    でした。鬼さんの優しさが素敵でした!版画だから、特に鬼さんが怖く

    感じないで温かく感じたのかもしれません。

    掲載日:2012/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • いたいのはいやだよね

    我が家もよく「いたいのいたいのとんでゆけ」とやって、あちこちに
    いたいのをとばしますが(笑)、おやまのおににとばしたことは
    なかったです。とばしていたらば、おにのおふろに入ることができた
    かな?ちょっぴり怖いけれど私は入ってみたいなあ。
    娘はきっと怖がってだめだと思いますけれど。
    おこったおにが、さよとばあさまのところに来た時は、はらはら
    しながら見ていた娘です。
    ばあさまもおにのおふろのおかげでいたいのもなくなってよかったね。
    おにのかおをみておれいをいえなかったのは、困ったねえって思って
    いましたが、おいしいだんごをおににとばすことができたから
    よかったね。

    掲載日:2012/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいそうだね

    鬼っていっつも悪者になっているのですが、このお話はちょっと鬼がいいやつに見えてくるお話でした。いたいのいたいのは子供ものころにみんなやったと思うのですが、鬼に飛ばすこのストーリーを聞いて、子供は鬼にちょっと同情していました。

    掲載日:2012/04/03

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット