雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

魔法の庭ものがたり(10) わがまま姫と魔法のバラ」 みんなの声

魔法の庭ものがたり(10) わがまま姫と魔法のバラ 作・絵:あんびる やすこ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2011年10月
ISBN:9784591126004
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,884
みんなの声 総数 5
「魔法の庭ものがたり(10) わがまま姫と魔法のバラ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大きな希望の花

    【子どもレビュー】(小6・女の子)
    わたしも、春は大好きです。あたたかい風がふき、
    さきほこる庭の花を見ると、気持ちが明るくなり
    ます。と言っても、春は、クラスがえ、学年が
    変わるなど、大人になるための、小さな1歩が
    あります。でも、小さな1歩だとしても、不安に
    なります。まだ、わたしの家のバラはさいていないけれど、
    大きな希望の花がさくまで、楽しみに待っています。
    わがまま姫の笑顔の蕾が開いて、よかったと
    思いました。


    クリックして拡大

    掲載日:2015/05/29

    参考になりました
    感謝
    2
  • 春をさみしくなく待つために

    挿絵が可愛いので、娘は独りで頑張って読んでいました。

    わがままな女の子のいるホテルで、わがままを治す薬を作れないか、ジャレットに聞きに来ます。ジャレットは魔女ではないけど、ハーブで心をいやす手伝いをしています。

    魔法の薬は作れないけれど、なんとか試してみます。

    春になればママが退院するからそこまで待つのがつらくてわがままになった女の子。
    春になるまで友達が冬眠して寂しいからと自分も冬眠したがるリス。

    一人と一匹のために、自分だっていつまでかわからず両親と会えないで寂しいジャレットは春を待つことができそうなハーブを薔薇で作ります。

    優しくなれそうないい作品でした。

    花のお菓子、自分たちでも作りたくなります。

    掲載日:2016/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考える

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    わがままな依頼人が2人。
    ジャレットは途中から考え方を変え、相手のことを考えることで見事に依頼に応えます。
    魔法が使えないことを気にしてしまうのは仕方がないけれど、いつもがんばって乗り越えてしまうジャレットはすてきな女の子ですね。

    掲載日:2015/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつも心があったかくなるストーリー

    あんびるさんのファンです。
    魔法の庭のものがたりももう10巻目。
    早いですね。
    毎回、物語の中に流れるテーマに
    感動します。
    きっちっとした物語設定で、でも
    マンネリしない、飽きさせないところがすごいと思います。
    今回も、きらりと光る温かいテーマでした。
    毎回いろんなハーブのレシピが出てくるのも
    とても楽しみ。
    今回は、エディブルフラワーでした。
    食べられる花なんて素敵!
    今度、試してみようかなと思いました。

    掲載日:2012/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • もう、10巻目!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    下の子が大好きなあんびるやすこさんの『魔法の庭シリーズ』の最新刊です!
    相変わらず、うちの子はあんびるさんの新刊には喜んで飛びついてきます。
    このシリーズも、もう10巻目!
    ジャレットもスーもエイプリルも、魔法の庭の猫たちもすっかりおなじみの顔になってきました。
    今回は大好きなお母さんになかなか会えないイライラをわがまま″という形で外に出している女の子も登場します。

    並行して一人とうみを押したくないハイイロリスのアーチーも相談ごとにやってきて、ジャレトは魔法使いでない自分にも作れる魔法グッツに悩みます。

    子どもたちが読むときは流し読みしてしまいそうですが、私は今回ジャレットが『魔法使いの魔法のようにはいかないけれど、人間として一生懸命魔法グッツを作る』その姿勢がいいなぁと、思いました。

    小学校低学年くらいから、可愛いもの手作りグッツなどを作るのが好きな人は小学校高学年でも楽しく読めるシリーズです。

    掲載日:2012/02/03

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのにちようび / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット