ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ムーサンのたび」 みんなの声

ムーサンのたび 作:いとう ひろし
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年11月
ISBN:9784591126332
評価スコア 4
評価ランキング 18,712
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お気に入り

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    何がいいのか気に入った息子。

    特に、内容も絵もふつうなのに、
    なんども読んでというのは
    なにかつかむものがあったのでしょう。

    自分の居場所さがしという
    大きなテーマですが、
    絵も内容も分かりやすく、
    少し長いですが、
    3歳の息子のお気に入りです。

    掲載日:2016/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと難しいかも

    いとうひろしさんの絵本が好きなので読みましたが、

    ちょっと話が壮大すぎるのか、あまり感情移入

    できたようには感じませんでした。

    蜘蛛の絵は決して気持ちが悪いということは

    ありません、むしろカラフルでかわいいです。

    ただおもしろいとか、つまらないとか

    そういうのを特にかんじることなく、

    なんとなく読み終わってしまいました。

    残念ですね、またもう少し大きくなったら

    読んであげたいと思います。

    掲載日:2014/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • くもの世界

    4歳長女が選んで借りてきました。ムーサンって何だろうと思ったら、くもだったんですね。長めのお話でしたが、ちゃんと聞いていました。
    くもの生態も初めて知ることができました。何と、くもって飛ぶんですね!私も長女もビックリでした。読んだ後、パパに教えてあげて、私も長女もちょっと得意げになりました。パパも初めて知ったみたいです。

    自分が選ばれた場所で生きていこうとするムーサン。応援したくなりました。学ぶところがいろいろある絵本です。女の子も興味をもって読めますよ。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今いる場所でがんばろう

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    くもの空中飛行を「バルーニング」というのだそうです
    以前テレビの番組で見たことありますが中には3000qも旅することもあるとか・・・

    クモの子供ムーサンは兄弟とともに、旅立ちのときが近いことを察し、思いをめぐらします
    さあそして、いよいよ空高く上ってスタートです
    次々と行き先を決めて降り立つ兄弟たち・・・・でもムーサンはなかなか決めることができません
    そしてとうとう風が止み落ちたところは・・・

    新しい環境に慣れていくことは、労力と精神力が必要です
    この4月から新出発する子供、家族も多くいるでしょう
    そんな時「最後に決めるの自分」というキーワードが、今いる場所でがんばろうという気持ちを応援してくれると思います

    子供向けのお話ですが、新出発の大人にもエールを送っている絵本です

    掲載日:2012/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんどじっくり、見てみよう

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、男の子4歳

    お尻からピューっと糸がでた表紙の絵を見ても、
    中をパラパラ確認したときも、なぜか「ムーサン」がクモだとは
    全く気がつきませんでした。

    気がついたのは、子供たちに読んであげようと開いた時!

    ひや〜クモの話?とドキドキしましたが、
    カラフルでほんわかした絵だから、大丈夫そうでした。

    ムーサンたちクモの子は、よく晴れた風のない秋の朝に
    空を飛んでいきます。

    へぇ〜、上昇気流に乗って遠くまで飛ぶんだ!
    ムーサンやその兄弟たちが飛んでいくことに
    子供たちも「へぇ〜」とびっくり。

    こんなところへ行きたい!と夢を語るニーサンたちですが、
    ムーサンはいいところはたくさんありすぎてまだ「ここ」と
    決められないままに旅立ちの日を迎えます。

    小さな子には「へぇ〜」ですが、受験や進級で新しい世界にいく
    お兄ちゃんお姉ちゃんにもいいかもしれません♪

    掲載日:2012/02/03

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット