すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

にげだした学者犬」 みんなの声

にげだした学者犬 著:長崎 源之助
絵:鈴木 義治
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\880+税
発行日:1976年12月
ISBN:9784265907342
評価スコア 3
評価ランキング 38,505
みんなの声 総数 1
「にげだした学者犬」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • とても切ない話でした。

    とても切ない話でした。
    サーカスで算数を解く学者犬として活躍していたポピー。仲間の新入り
    の雌馬から尊敬のまなざしを受けていました。でも、本当はこの仕事が
    大嫌い。そして、ある日、突然、コンビを組んでいた村井さんが死んで
    しまって、新しくついたトレーナーの合図が読めなく、算数ができなく
    なってしまいました。そして.... という話でした。

    本当に切ない話なんです。主人公は犬なんですが、人間にも置き換える
    ことが出来て、ポピーの自尊心が痛いほど伝わってきます。
    ポピーは元気でやっているのでしょうか? どこかで自由を手に入れて
    野良犬となったとしても幸せでいることを祈ってやみません。

    掲載日:2012/02/03

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

おつきさまこんばんは / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いちにちじごく』作者インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット