ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

くらくてあかるいよる」 みんなの声

くらくてあかるいよる 作:ジョン・ロッコ
訳:千葉 茂樹
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年10月
ISBN:9784895728348
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,686
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 停電で家族団らん

    このお話は、家族のみんなが忙しくてかまってもらえない女の子が、停電になって家族とすてきな時間を過ごしたお話でした。ハプニングが起こって、それでも家族で楽しく過ごす様子がとっても素敵で、うちの子は「停電ごっこしてみたい!」と言って羨ましそうでした。

    掲載日:2015/09/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素敵な非日常

    「絵が綺麗だなあ。ニューヨーク?」
    娘と一緒に読んでいるところにやってきた夫が言っていました。
    夫が言うように本当に絵が美しくて、建物の感じがまさにニューヨーク!
    だから、美しい絵が好きな人や、ニューヨークが好きな人は
    きっといいなと思う絵本だと思います。
    娘はまだニューヨークに行ったことがないので、この空気感は
    わからなかったと思いますが、それでも、停電という非日常での
    楽しさは感じたのではないかしら。キャンプの時みたいだったし。
    普段はみんな忙しがっていて、なかなか相手をしてくれない大人達が
    キャンドルの灯りのもと、一緒に遊んでくれるっていうのも
    とっても魅力的だったと思います。
    この場合は、大停電が原因だったのですが、たまには、停電でなくとも
    (絵本の中で、停電が終わったあと、女の子がそうしたように)
    あえて非日常を作り出すのも楽しいかもしれないですね♪

    掲載日:2013/06/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • たまには

    • アンコパンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳、女の子0歳、

    停電もいいものだなと思いました。
    停電とまでいかなくても、電気を消して家族で過ごす夜も楽しそう。
    今の時代は色々便利だけど、今程電化製品に頼っていなかった昔、それでもたくさんの幸せがあったなぁと思いました。

    真っ暗な夜の光る星。足元の見えない道を歩くワクワク感。なんだかとても懐かしくなる絵本でした。

    掲載日:2012/08/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大人にも!

    停電の夜の様子が、文章なしで描かれています。
    コミックのようなイラストの絵本は、あまり手元にないのですが
    作品の雰囲気とイラストがぴたりと合っていて、お気に入りの絵本になりました。
    子どもも大人も、ページをめくるたびに想像がふくらむ絵本です。

    掲載日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 作者のジョン・ロッコさんが、2003年8月にアメリカで大規模停電を家族で経験しているんですね。

    舞台はニューヨークです。
    大都会の夜は、眩しいほどです。
    人間は光を手に入れ、夜の闇を征服したかに見えますが、人間の作るものですから、そこはまた脆い部分もあるんですね。

    夜の長い大都会では、家族も忙しそうで、主人公の子のボードゲームに付き合っちゃくれないようです。
    みんなバラバラ。別の部屋で、それぞれのことで手いっぱい。
    そんな時、起きたんです。大停電が。

    光を失い、見つけたのは、満天の星。
    ランタンや懐中電灯を頼りの非日常の夜のストリートパーテイー。
    そして、のんびり・ゆったりという時間。
    家族が集まり、見つめ合い語り合うこと。

    主人公の家族は、この停電をきっかけに、大切なことに気づいて、主人公の可愛い作戦にのってくれるようになったようですよ。

    掲載日:2015/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 停電の贈り物

    突然の大停電で、日常生活がストップしてしまいました。
    でも、考えようによっては素晴らしい贈り物だったようですね。
    家族が一つになったこと、普段は見られない星空が見られたこと、隣近所の人たちと一体になれたこと。
    こう考えると、便利な生活ってなんていろいろなものを失うことなのでしょう。
    絵本の家族は、大事なものを思い出したようです。

    掲載日:2015/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • “夜”がかえってきた

    夜になっても、町は眠らない。
    パソコンが、携帯電話が、ゲーム機が、家族の会話を奪っていく。
    そんな中、突然町のあかりがすべて消えたら…?

    初めての暗闇、初めての静寂、寄り添う家族。
    家族の表情が、行動が、どんどん変化していくんです。
    家族も、町も、本来の“夜”のすがたに…。
    うちの娘の表情は、みるみる明るくなりました。

    実際に停電すると何かと怖いですが、思わず「いいなぁ停電」と思ってしまう、そんなお話でした。

    現代人は、治安維持や便利さに惑わされて、安らぎを失っているのかもしれませんね。

    掲載日:2015/03/26

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット