もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

おひさん」 みんなの声

おひさん 作:たかべせいいち
出版社:くもん出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年02月
ISBN:9784774320403
評価スコア 3.91
評価ランキング 28,629
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 人間界に降りてきたお日さま

    このお話は、いつも空からみていた村に行ってみたくて空から降りてきたお日さまのお話でした。お日さまは自分お大きさを変えて村人と一緒に束の間の生活を楽しんでいました。お日さまならではのトラブルもあって、そこがうちの子にはウケていました。

    掲載日:2015/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おひさんがやってきた

    風太は村で一番の早起きです。今朝もおひさんに向かって、手を合わせます。
    「きょうもいちにちおねげえします。」
    すると、どうしたことか、そのおひさんが、近づいてくるではありませんか。風太の村がえらく楽しそうだから、一緒に楽しいことをしたいというありえない申し出があったのです。
    でもおひさんは、子どもたちといっしょにかくれんぼをします。洗たくをします。お酒も飲みます。お風呂に入ります。うまくいったり、大変なことになったりしますが、村の人たちとなんだかいい関係になっているところが微笑ましいと思いました。

    掲載日:2015/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白いけど、大変だー

    お空の上にいるはずの太陽(おひさん)が、村へと降りてきたから大変です!
    おひさんの外見が、何ともユニークではありませんか。
    真っ赤なスーツに、まんまるの顔。
    大人たちは、おっかな!といった様子でしょうか。
    すぐに仲良くなる子供たちは、さすがだと思いました。
    村の様子はドタバタで面白かったけど、これは大変だー。

    掲載日:2013/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • おひさんだって、たまには遊びたい!?

    風太がおひさんにむかって「今日も一日よろしくおねげえします」と手を合わせていると、なんとおひさんが村に向かって歩いてきました!
    村人達に、おひさんが声をかけます。
    「今日はよぉ、頼みがあってきたんだ。おめえの村がえらく楽しそうだから、ワシもその楽しいことをしてみてえと思ってよ」
    おひさんの言葉に、みんなはびっくりして…?

    いつもいつもみんなのことを明るく照らしてくれているおひさん。
    下界を見下ろしていて、うらやましくなっちゃったんでしょうね。
    村へとやってきたおひさんのいでたちは、赤いスーツに蝶ネクタイ、頭には小さな帽子、足元は黒の革靴となかなかオシャレ!?
    めったにないことだから、張り切ってオシャレしてきたのかなぁなんて、なんだかほほえましく思えました。
    おひさんの行動に振り回される、村人達の慌てふためきぶりがおかしかったです。


    掲載日:2013/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼの おひさん

    なんか恐そうに睨んでいる表紙に惹かれて手にとってしまいました。

    内容は意外や意外で、親しみ深いおひさんの登場です。

    おひさんは村人たちのところに降りてきちゃいました。
    一緒に遊んだり、おしゃべりしたり、お酒を飲んだりしたかったのです。
     
    楽しそうにしていたのですが、やはり、おひさんはちょこちょこと村人が困ることをしてしまうのです。 もちろん、悪気はないのですが…

    相手を羨ましく思う気持ちも分かりますが、やっぱり、それぞれ居場所ってものありますよね! 

    経験しないと分からないことです。

    それが、できたおひさん、反対に羨ましく思います。
     
    子供はおひさん、家にきてくれないかなぁといっていました。

    読み手によって、考えが少し違うことを実感できた本でした。

    掲載日:2012/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • おひさんかわいいです。

    絵本ナビのサイン本紹介で気になっていた為、一先ず図書館で借りて読みました。表紙通りインパクトのある太陽が、村のみんなと遊んでみたくなって村に降りてきてしまうお話です。何をしてもうまくはいかなかったおひさんですが、太陽が身近に感じる絵本ですね。これからしばらくは太陽出てると、おひさんのこと思い出されそうです。

    掲載日:2012/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 淋しさが後を引きます

    いつもみんなを照らしてくれているおひさん。
    そのおひさんが、数ある村の中から自分たちの村が
    楽しそうだから遊びに来てくれた。

    それって凄く嬉しいことだと思う。
    でも現実をみると焼け死んでしまうからと大慌てする村人。
    おひさんが小さくなって少し扱いやすくなったら、
    村を挙げて一緒に遊んだりお酒を飲んだりして歓待します。

    宇宙人がお友達になりたいのに、その姿故みんなに怖がられる。
    そんなお話とかぶってしまいました。
    焼け死んじゃいけないから村人の警戒は分かるのだけど
    もっとみんなと遊びたかったおひさんの気持ちを
    考えると淋しさが後を引きます。

    あくまでも絵本だからこの世界を楽しんでと思いましたが
    喜びながらも困っている村人の反応が続くので
    純粋に親子して楽しめませんでした。

    掲載日:2012/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • おひさんと一緒に遊ぶには?

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳

    表紙を見たとたん、大胆な造形のおひさんの眼光にひるんでしまいます。
    勇気を持って、読み進めると、今まで見たこともない世界観でした。

    一昔前の農村風景。
    朝、風太が目にしたのは、なんと、おひさんがこちらにやって来るという事態。

    なんでも、村の人たちと一緒に遊びたいそうで。
    みんなで協議の結果、とりあえず受け入れることにしたものの、の珍騒動。

    古風な色合いに、ひなびた造形。
    吹き出しは一昔前の和文タイプライターの活字のような有様です。
    好き嫌いが分かれるところでしょうが、その発想の新鮮さに一票投じたいです。
    文章も独特のテンポで進みます。

    不思議な余韻の残る、ナンセンス?作品でした。

    掲載日:2012/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごいインパクト

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    3〜5歳児に読みました
    まず表紙を見せただけで「わぁ〜、おひさまだぁ!」と子供たちの歓声が上がります
    それだけすごいインパクトがあるんです
    「いえいえ、これは『おひさん』です」というとなぜか笑い出す
    おひさんが自由自在に大きさを変えて子供とかくれんぼ・・・
    見ている子供たちは、真剣に「おひさん」を探したり、かくれんぼに参加している気分
    洗濯物が燃えちゃったり、池が温泉になったりと楽しいことが次々起こるので、子供もすごい集中力でした
    新しい感覚のお話なので読み聞かせに、とても良いと思います

    掲載日:2012/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 太陽が恋しくなる

    初めて見た時は、表紙の絵に一瞬ギョッとしてしまったのですが、中身は素朴で心温まるお話しでした。
    「おひさん」と呼ばれる太陽が「ワシもそのたのしいことをしてみてえとおもってよ」と言って、村に遊びにきます。大きくなったり小さくなったりして、かくれんぼしたり、洗濯を手伝ったりするおひさんですが、やっぱり空にいてくれるのが一番いいようです。
    なんだか太陽が恋しくなって、ありがたみを感じました。絵本を読んでから表紙の「おひさん」を見直すと、なんだか素敵に見えてきます。
    たかべせいいちさんの作品を始めて読んだのですが、ユーモアと温かみのある独特な絵が印象的でした。他の作品も是非読んでみたいと思います。

    掲載日:2012/03/09

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぐりとぐらのかいすいよく / はじめてのおつかい / かいじゅうたちのいるところ / バムとケロのさむいあさ / おばけのバーバパパ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(10人)

絵本の評価(3.91)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット