しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ようちえんいやや」 みんなの声

ようちえんいやや 作・絵:長谷川 義史
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年02月
ISBN:9784494007585
評価スコア 4.53
評価ランキング 5,244
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

33件見つかりました

  • 理由

    どこのもみんな幼稚園行きたくない。行きたくない理由は様々ですが、やっぱりお母さんと一緒にいたいんだなぁと納得。

    年中さんになってからは一度も行きたくないと言わないうちの子も、年少さんの頃は泣いて先生に引き渡すのに苦労したことも思い出しました。
    一緒に本を読んでいたら、幼稚園って楽しいのに行きたくないなんてへんなの〜って。行きたくないと泣いた日のことはもう忘れてしまったのかな(笑)

    わが子を送り出すのに心痛めている園児のお母さんにぜひ読んでみてほしいなぁと思います。

    掲載日:2014/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかあちゃんと一緒にいたいだけなんや。

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子13歳

    今日も、誰かが泣いています。
    「ようちえん いくの いややー」
    なんで、泣いてるのかな・・・

    聞いてみると、子どもなりに理由があります。
    「園長先生に、おはようの挨拶するのがいややー」
    「いちごが好きやのに、もも組やからいややー」
    「ぼくのイスのマークがヘビさんやからいややー」

    なるほど、なるほど。
    いろんな理由があるのですね。
    小さな言い訳だけど、可愛い。

    けど、みんながみんな、「ようちえんいくのいややー」って泣いたら、
    お母さんも困るし、先生方も困りますよね。

    子どもが泣く本当の理由は・・・

    そうそう、ほんとの気持ちは、みな同じ。

    でもね、幼稚園って楽しいよ。
    いっぱい遊べるし、おともだちもいっぱいできるし。

    子どもの気持ちを代弁してくれるような絵本。
    だけど、そっと背中も押してくれています。

    今年も、幼稚園のあちこちから、子どもの鳴き声が聞こえてきます。
    大好きなおかあさんと別れて、いややなー。
    でも、頑張れ!

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな理由

    幼稚園・年少の子供と読みました。
    一緒に読むことは、迷ったんです・・・今でも、登園をグズるときがたまにあるので・・・
    この絵本に同調して、ますます「行きたくなーい!」にならないかと心配で。
    大人こらは「そんなこと??」という小さな理由でも、子供にとっては大問題なのでしょうね。

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2歳9か月の息子が、来春から幼稚園に通います。
    きっと泣くんだろうなあと思い、図書館で借りてみました。

    とにかく、みんな「ようちえんいくのいややー」と。
    理由は本当に些細なこと。
    園長先生に挨拶するのがいや、苺が好きなのに桃組だからいや、などなど。
    ほー、子どもってこんな気持ちなのか。
    そして、最後に「おかあちゃんと一日、いっしょにいたいだけなんやー」
    と。
    子どもってそうなのかもね。ちょっと納得。

    長谷川さんの絵は、本の内容とマッチしていて、とてもよかったです。

    みんなが「いややー」と泣いている見開きページはちょっと圧巻で、
    息子も「みんな、えんえんしているね!」と楽しそうでした。

    掲載日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 同じなんだー

    夏休み明けから幼稚園に登園拒否になった次女。「幼稚園いきたくない。やめる」と毎日言ってる3歳次女に借りました。

    この絵本を読んだら、もっと行きたくなくなる内容なのかも…と心配しながら読みましたが、いろんな子どもたちが行きたくない理由を言うのですが、結局最後は「ママから離れたくないから」という理由。

    うちも、「だってママとずっと一緒にいたいもん」と最終的に言うのですが、全く同じで私の方が安心してしまいました。うちの子だけじゃないんだと思えました。良かったです。

    掲載日:2013/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • どの子も一緒

    3〜5歳児に読みました「ようちえんいやや〜」と大泣きする子どもたち
    でもそれぞれ理由があるわけです・・・・
    そんな子供らしい視点で描かれた絵本に子どもたちは、口をあんぐりあけたまま、見ています
    「いちごがすきなのに・・・ももぐみ・・・」これには実際にももぐみの子どもが笑ってました
    でも本当の理由は・・・・どの子どもも一緒なんだな〜
    さすがに5歳児は「おかしいな〜」と言葉では言っていますが、本音が見え隠れするお話に興味があるようです

    掲載日:2013/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちもそうだったな〜

    この本の通りの出来事をうちの子も体験してました。

    でもあの時は、親として
    なんでこんなにいやいや星人なのかな〜、
    いつまでこんな状態が続くのかな〜、と思っていました。
    もっと早くこの本に出合いたかった!!

    いろんな理由をつけて、おかあさんと一緒にいたいだけ。

    この本を読んで、
    園児を持つお母さんには悩み解消、
    そして大きくなったお子さんを持つお母さんには
    昔を懐かしんでもらいたいですね。

    掲載日:2013/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 園児の心理

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    題名の通り、園児たちが次々と登場し、朝のある場面で「ようちえんいややー」と
    主張する趣向。
    あいさつ、クラス名、マイシールなどが理由だと言っていますが、
    本音は最後に明らかになります。
    たくさんの園児たちの名前が出てきますので、
    子どもたちも共感が得られるかもしれませんね。
    親にとっては、微妙な園児の心理も理解できるような気がします。
    自分ひとりじゃない、我が子だけじゃない、そんな安堵のきっかけにしてもらったらいいと思います。
    そして、「いややー」と思いきり気持ちを表現することも大切だと思います。
    表の見返しには泣き顔がいっぱいだけど、裏の見返しには笑顔がいっぱい。
    そんなところもしっかり見せてあげてほしいです。
    我が子たちは意外なほどすんなり幼稚園に溶け込んだので、
    それはそれで寂しくもあったのですが。

    掲載日:2013/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 店頭で、タイトルにひかれて何気なく手にとった絵本。
    ラストシーンを見た瞬間、ウルウルきてもちろん即お買い上げです。
    幼稚園(うちは保育園だけど)に行きたくないいろーんな理由がのってます。
    どれもこれも、大人からすればどうでもいいようなことばかり。でも、確かにそういう大人にとっては小さなことでも子どもには一大事なこと、いっぱいありますよね・・・。
    そして、行きたくない一番の理由。
    分かってたはずなのに、ストレートな言葉で読むとズシッときます。
    何か教訓めいたことや、教えてやろうみたいな押し付けがましさは全然なくて、ただこの本を読むと、ふっと自分も子どもの視点に立てて、張り詰めてた気が緩む気がしました。
    わがまま言う子どもに躍起になってるとき、読んでほしいなって思います。
    ちなみに、息子はある日行きたくないってゴネるので、「何で?」って尋ねたら、この絵本の通りに答えました。
    子どもも、行きたくない理由を言葉にしてもらえてスッキリするのかもしれないと思いました。

    掲載日:2013/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私もいやや言ってたな〜

    幼稚園いやや〜数十年前に私自信が泣きながら登園していたのを思い出しました。

    息子も通い始めた頃は「着替えるのいやや」「給食いやや」「バス乗るの一番じゃないといやや」といろんないやや〜の連発でした。

    今振り返って懐かしいなと感じながらこの作品を親子で読みました。

    息子は泣き真似しながら「いややー」のとこだけ読んでくれています。何か感じているのかな?

    子供にとって初めての集団生活となる幼稚園!嫌なこと淋しいこともあるけど毎日楽しく過ごしてほしいですね。

    いろんな子供のいややを見て改めて毎日頑張ってる子供をもっと応援してあげなくちゃと思いました。

    掲載日:2012/12/25

    参考になりました
    感謝
    0

33件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


人気絵本『にたものランド』のクリスマス版。プレゼントにも♪

全ページためしよみ
年齢別絵本セット