なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(31) ねずみじょうど」 みんなの声

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(31) ねずみじょうど 文:岩瀬 成子
絵:田島 征三
出版社:フェリシモ出版
本体価格:\1,286+税
発行日:2010年05月
ISBN:9784894325203
評価スコア 3.97
評価ランキング 28,528
みんなの声 総数 36
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

36件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 隣のおばあさんが、可愛そうです!

    全頁試し読みで読みました。私は、隣のおばあさんが気の毒で可愛そうに思いました。初めに登場するおばあさんは、悪戯心で、ねこの真似をして、ネズミの金の臼と金の杵を持ちかえってきたのにも、欲張りだと思いました。隣のおばあさんにしてみれば、やっぱり羨ましくて同じことをしただけなのに、隣のおばあさんは、誤解されてしまって殺されてしまったことにどうも納得がいかなかったです。ネズミにすれば、同一人物だとおもったのかもしれないですが、みんなで殺してしまうのは、怖すぎました。

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • お馴染みの展開♪

    昔話によくあるパターンのお話です。おむすびころりんのだんごバージョンといったところでしょうか。主役は珍しくおばあさんです。優しいおばあさんは幸せになり、いじわるなおばあさんは死んでしまいます。最後のオチがわかっていても、やっぱり昔話はおもしろいですね。息子にも読んであげたいなぁと思いました!

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知ってるお話のようで、ちょっとちがう「ねずみじょうど」
    おだんごを転がしてしまって、ねずみさんたちの穴にはいりこんでしまうおばあさん。
    イタズラ心で猫のふりをして、ネズミたちを驚かしてしまいます。
    あげく、逃げたネズミたちが大事にしているであろう道具を勝手に持ってきてしまい
    コメをざくざくを手に入れ、その話を隣のおばあさんにする。

    ねずみさんのあれだけの怒りをかっているのは
    ほんとうは一人目のおばあさんじゃないのかしらとしか思えないほど
    ラストが怖いです。
    欲ばばあって!!!!(笑
    また来たということは、やはりそうでしょう。
    一人目のおばあさん、そんなにお米がでてくるなら、もういちど
    おだんごかなにかをつくってねずみさんにあげてくださーいと言いたくなります!!

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • さっきのお話もう一回聞かせて〜!!

    5歳の娘、横で大ウケです!!

    「おむすびころりん」によく似た感じで、貧しいおじいさんとおばあさん、
    そして欲張りな隣りのおばあさんが登場します。

    この作品の隣りのおばあさんは、悪そうな人ではないのですが、
    痛い目にあわされてかわいそうです。

    しかし、娘にとっては、この典型的なパターンの
    昔話が楽しくて仕方がないようで、車の中でも
    「さっきのお話もう一回聞かせて〜!!」と
    リクエストがありました。

    絵もユーモアがあって、子どもが昔話好きになれる作品ですね。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 衝撃的

    お団子が穴の中にころころと転がっていく様子を見て、おむすびころりんを思い出しましたが、こちらのネズミはだいぶ様子が違います。
    楽し気に歌って踊っている様子は同じなんですがね・・・。
    おばあさんを真似したお隣のおばあさんは殺されてしまいます。
    ちょっと息子には刺激が強すぎたようで、ネズミを怖がってしまいました。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖い

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    全ページためしよみで読みました。

    「おむすびころりん」に似ているなと思いましたが、それより怖い・・・
    最初のおばあさんは勝手に杵と臼持って帰ってしまっているし、隣のおばあさんの最後の終わり方にはびっくり。
    絵はこのお話にぴったりでした。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 欲ばばぁ…怖い

    おばあさんが落ちたおだんごを追いかけていくと、そこはねずみの穴だった。あれ?このお話おむすびころりんと似てる!と思ったのですが‥でも全く違うところはねずみからもらうのではなく、ちょっとしたイタズラ心でネズミをおどかしたことから杵と臼を手に入れることになったのです。
    それを隣のおばあさんが自分もと欲を出しネズミの穴に入り、ネズミに見つかり返り討ちにあうことに。そのネズミの数も、睨みも怖いこと!絵が怖さを一段と際立たせているように感じました。やっぱり欲を出すのはよくない…日本昔話の教訓ですね。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本の昔話

    子供のころテレビの日本昔話を必ず見ていましたが、このお話は私が4歳のときに放送されたようです。覚えていませんでした。でも、いわゆる『おむすびころりん』の系譜のお話のようです。日本の昔話にはたくさん面白いものがありますね!

    中むつまじいおじいさんとおばあさんが、貧しくも思いやりをもって生活していたところ、思わぬプレゼントをいただきますが、それをみて妬ましくて仕方のない隣人のおばあさんが、とんでもない目に遭うというストーリーです。

    妬みは、本当に一番よくない感情だと思います。

    そうはいっても、人と比べたり「アノ人はいいなぁ」と思ったり、人ってなかなか感情をコントロールするのは難しいですね。

    でも子供たちにも、ぜひ読んでいただきたいと思います。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動きがある絵本

    もしかしたら昔、自分も読んだのかな?と思いました。
    おだんごが転がったり、ねずみが追いかけたりと、とても動きがある絵本ですね。
    こういう絵本だと、文章が少しくらい難しくても子どもたちがわりと集中して見てくれていいですね。
    色々と学ぶところが多い、教訓の多い、そんな絵本でした。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外と怖かった

    「ねずみ浄土」、昔から馴染みあるお話ではありますが、この絵本は一味違う作品でした。

    よくある「おむすびころりん」では、おじいさんがおむすびを穴に落としてしまいますが、この作品ではおばあさんがだんごを落としてしまいます。
    そして、最初のおばあさんが「にゃあごー」と鳴きまねするのにも驚きました。

    読み聞かせをして、息子は「えっ、最後はモグラになるんじゃないの?」とあまりに残酷な結末に驚いていました。
    最初のおばあさんは金の臼と杵を手に入れたのに、同じことをやった隣のおばあさんがなぜ殺されてしまったのか。
    「うーん、日頃の行いが悪かったのかな?」と答えましたが、息子は納得したのかしてないのか・・・
    最初のおばあさんがネズミの臼と杵を持ち帰って来たことも、「勝手に持って来たらダメだよね?」と・・・
    確かに、あんな臼と杵を見たら欲しくなるのは当たり前だし、言われた通りにやっただけなのに・・・
    人間、必要以上に欲深くなるのは気を付けないといけないということかもしれません。

    田島征三さんの挿絵はのびのびと力強さがあって、このお話にピッタリでした。
    最後の沢山のネズミの目、一番大きなネズミが叫んでいる場面は迫力があって怖かったです。
    そして最後のネズミの笑顔・・・やっぱり怖かったです。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

36件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(36人)

絵本の評価(3.97)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット