モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

くもはいく」 みんなの声

くもはいく 作:中山 千夏
絵:矢吹申彦
出版社:河出書房新社
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年09月
ISBN:9784309909301
評価スコア 3.8
評価ランキング 29,116
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 句集でしょうか

    著者紹介で、この絵本が句集であると書かれていたので、戸惑ってしまいました。
    最後に五七五の句がありますが、そこに辿り着くまで見事な五八四。
    このリズムに俳句を意識するのは難しい。
    それでも、様々な雲との掛け合いは面白いと思いました。ちょっと消化不良の不思議な絵本です。

    掲載日:2016/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雲俳句?雲は行く?!

    タイトルを読んで、勝手に雲の俳句を集めた本かと思ってしまいましたが、それでけではないようです。「雲は行く」とも読めますもんね。
    様々な表情の雲にシンプルだけれど、ぴったりな文章(詩)が添えられています。清々しくて、空を見上げてみたくなる絵本です。
    雲と対比された人間の描き方もまた素敵でした。
    大人も楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトルを初めて読んだときに、「雲 俳句」だと思ってしまいました。
    俳句ではなく、詩のような絵本でしたね。
    たくさんの表情が絵でも見られて、面白かったです。
    最初に登場している科学者の存在が、非常に謎に感じたのですが・・・まるで、雲を作っているかのようで。

    掲載日:2013/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海の上の入道雲をよく見てください。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    いろいろな雲、いろいろな空に出会えます。
    矢吹申彦(やぶきのぶひこ)さんの描く雲の色や形は遊び心もあって、面白かったです。
    特に海の上の入道雲をよく見てください。
    左下の方に眼みたいな模様が描かれているのに気付いた人はいますか?
    うみから顔を出しているイルカとあいさつしているみたいなんですよ〜。もし、この絵本をお子さんたちに読み聞かせるなら、特にこのシーンはじっくり見せてあげてほしいです。
    ただ、遠目だとこの目はよく見えないかもしれませんね〜。

    中山さんの文章は昔から好きですが、この絵本の文もリズムがすごくよくて素敵でした。

    掲載日:2012/02/14

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット