ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

やあ! 出会えたね クモ」 みんなの声

やあ! 出会えたね クモ 文・写真:今森 光彦
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2005年04月
ISBN:9784752003038
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • コガネクモの巣の観察

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子17歳

    コガネグモの写真観察記です。
    今森さんの語りと一緒に、観察してみましょう。
    見た目は少しグロテスクな蜘蛛ですが、特徴的な巣の張り方はやはりすごいですよ。
    家に連れ帰り、部屋で観察するという今森さんの探究心に脱帽です。
    やはり写真のリアリティがいいです。
    蜘蛛の足の拡大写真もあり、その解説にも納得です。
    脱皮、産卵のシーンも荘厳です。
    子グモたちはかわいいですね。
    蜘蛛は苦手、という方も、少し見方が変わるかもしれませんよ。

    掲載日:2013/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • コガネグモのすばらしさに感動!

    やあ! であえたね
    今森さんは 感動のあまり クモを追い求めたのが、この絵本に私も感動しました!
    すばらしい! クモの巣の 模様 幾何学的であり それ以上に 生きていく為の 本能に感動です。
    それを追い求めた 今森さんは 写真家  観察力のすごさに驚きます
    そしてその不思議な秘密を 美しく写真に写されているのに 感動します
    もちろん クモの卵がかえるところ 「蜘蛛の子を散らす」 こんな言葉が浮かびました
    本物に出会ったらもっと もっと 感動するだろうな〜 
    クモが 脱皮しながら 成長し 子孫を繁栄しているのですね
    すごいな〜
    強さを感じます!
    今森さん有り難うございます!!

    文章が長いので 子供たちには読み聞かせてあげにくいのですが
    興味のある人は 是非読んでみてください!
    釘付けになりますよ。

    掲載日:2011/07/04

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット