ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ちゅっちゅっちゅっ」 みんなの声

ちゅっちゅっちゅっ 出版社:ベネッセコーポレーション
本体価格:\550+税
発行日:2008年09月
ISBN:9784828863948
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,210
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • パパとママとちゅっ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    小さなサイズの絵本で子どもの手に馴染みます。
    他のこのシリーズも持っていますが、よく読んでいるのですが丈夫だと感じています。
    自分の子どもとのコミュニケーションにうってつけです。
    パパとママにちゅっと子どもがしてくれるとやはり嬉しいですね。
    かわいいです。

    掲載日:2014/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子でちゅっ!

    • ピクルスさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、男の子2歳

    だーいすきなパパやママと、かわいい動物たちが「ちゅっちゅっ」。
    シンプルなしかけ絵本ですが、ほんとにかわいらしくて笑顔になれます。
    ママが我が子に「ちゅっ」したくなること間違いなし!
    そして、ちょっとまねっこができるようになった子なら、きっと「ちゅっ」て返してくれますよ。
    親子のスキンシップができる絵本だと思います。
    うちの息子はこの本のおかげか!?すっかりキス魔です(笑)
    「ちゅっちゅっ」と口で言いながら、チューしてくれます。

    掲載日:2013/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • それが息子からのファーストキスでした(恥)

    • 朱子さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子1歳

     息子が1歳4か月のとき、小児科の待合室でたまたま手に取った
    絵本です。

     待合のベンチがいっぱいだったので、壁際に息子を立たせ、その
    少し手前にしゃがんで読み聞かせを始めました。

     キリンの親子がちゅっとする場面で、急に息子がにやっと笑い、
    まっすぐ歩み寄ってくると、そのまま私の首に腕を回してキスを
    しました。
     思いっきりマウスツーマウスでした。

     なんというか、そういうことをされたことがなかったので、たいへん
    狼狽しました。なにをしに行ったんだかわからないほど、浮かれて
    帰ってきたのを覚えています。

     絵本の力ってすごいですねえ。

    掲載日:2012/09/25

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / じゃあじゃあびりびり / たいようオルガン / ワドル!よちよちあるき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット