庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

はるになると」 みんなの声

はるになると 作・絵:ジョーン・ウォルシュ・アングランド
訳:小川 糸
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2012年02月
ISBN:9784894237803
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,846
みんなの声 総数 4
「はるになると」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 春生まれの友人に

    春分の日に生まれた大切な友人に贈った絵本。

    もっともっと自分の生まれた季節を好きになってほしい、という気持ちを込ました。

    春の美しさや穏やかさが伝わってくる、やさしい絵本です。

    春になる前に読んで、「はじまり」の季節に備えて心を高めるのにもってこいの作品。
    もちろん、春まっさかりの野原で読んで、春の空気を味わうのもぴったりだと思います。

    あたたかい、黄色いおひさまに会えるのが楽しみです。

    掲載日:2012/04/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 春の色は、黄色

    表紙の絵からしてとても春らしくて素敵だなあって思いました。絵も可愛くて癒されました。春の色は黄色と言うのに、私的には、ピンク系かなあって思っていたのですが、大好きな黄色でもあるし、文章を読んでいると納得している私でした。あたたかいお日さま色。そよ風に揺れる水仙色。黄色に大満足な私でした!

    掲載日:2013/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がかわいい

    絵がとてもかわいくて買ってみました。

    表紙カバーについている翻訳者小川さんの
    言葉もとても素敵だと思いました。

    春はとてもすてきな季節です。
    でも、一年中ずっと春がつづいたら
    それはそれで
    つまならいかもしれません・・・
    生きていくことも同じかもしれません。
    たとえどんなにつらいことがあっても
    いつかはかならず
    春はやってくるのです。

    中学・高校・大学入学の時や就職など
    人生の節目などに贈りたい絵本です。

    掲載日:2012/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙につられて・・・

    表紙がかわいらしいし、丁度春めいてきた今の時期にピッタリだと思って購入しました。
    とてもほのぼのしていて、癒されました。
    春の美しさがぎっしりと詰まっていて、楽しめました。
    こどもの絵に対して、動物がちょっとリアルなのも魅力的でした。

    掲載日:2012/04/09

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しょうぼうじどうしゃじぷた / まくらのせんにん そこのあなたの巻

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット