トリックオアトリート! トリックオアトリート! トリックオアトリート!の試し読みができます!
作: 岡村 志満子  出版社: くもん出版
おかしくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ! 仮装した4人組は、次々におもしろい家を訪れます。楽しいハロウィン絵本!

はなさかじいさん」 みんなの声

はなさかじいさん 文:石崎 洋司
絵:松成 真理子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年02月23日
ISBN:9784061325005
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,155
みんなの声 総数 43
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

43件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 私の求めるものに近い昔話絵本

    海外生活で、子供に日本人としての日本語を身につけさせるのには、なかなか大変な努力が要ります。普段子供が触れるのは、私が話す日常の日本語のみ。しかも、ただ「日本語」を教えるだけでは足りません。日本的な思考、しぐさ、文化、トータルで教えていかないと日本人らしい「日本語」にもなりません。

    日本の絵本、物語を伝えていくのも、親のつとめだと思っていますが、娘はなかなか「昔話」に興味を示してくれません。挿絵にクセがあったり、物語の背景や環境に親近感が沸かなかったり、言葉が難しくて理解できなかったり。

    絵本ナビのメルマガをきっかけに。この昔ばなしシリーズの存在を知りました。その中で娘が真っ先に興味を示したのは、この「はなさかじいさん」。表紙の桜が良かったようです。そこで、前ページ試し読みを使わせていただきました。

    中身を見てみると、ダイナミックだったり優しかったりする水彩の絵で、フォントも読みやすいですし、文章と絵のバランスも良い。お話自体も5歳の子供にちょうどいい長さです。そして私が気に入ったのは、「〜しておった。」「〜なんじゃ」のような感じで、文体が現代っ子にもわかりづらくない程度に「昔ばなし口調」なことです。これなら、海外育ちのうちの子供にも、新たな日本語のバリエーションに気軽に触れることができます。

    始めは優しい雰囲気だった絵が、いじわるなおじいさんの登場でどんどん暗くなっていき、シロの死を知ると娘は怖がっていましたが、最後のみごとな桜の絵を見てにっこり。ドラマチックであたたかい、良いお話だと思います。おまけで「みるなのくら」というお話が収録されているのも、お得感があって良かったです。ぜひ、次回の帰国時に実物を手にとって読んでみたいと思いました。

    ただ、昔話は有名どころはいくつか揃えたいもの。1000円以内だったらもう少し気軽に購入できるのにな〜と思います。

    掲載日:2012/04/09

    参考になりました
    感謝
    2
  • とても素敵な昔話絵本!

    • 絵本日和さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子13歳、女の子10歳

    小学校で読み聞かせをしていますが、最近の子供たちは昔話をあまり知らないな、と感じます。かと言って好まないわけではなく、かえって新鮮さをおぼえるようで、とても楽しんでくれています。もともと、絵を描かれている松成さんの作品が好きということもあり、読み聞かせにいいかも…と読んでみたのですが期待以上の絵本でした!おはなしも丁寧で、知っているつもりが自分自身うろ覚えだったことに気付きました。声に出して読むと、また文体が良く、語り口が昔話独特のテンポの良さで、読んでも聞いても心地良いです。そして絵にも引き込まれます。犬の白がきわだって美しく目をひきました。また、はなさかじいさんの咲かせた花は本当にきれいで見事です!こんなにしっかりと昔話の絵本をつくってくれて嬉しいです。たくさんの子供たちに届けていきたいと思います。この日本に伝わる昔話の良さを次の世代にも絶やすことなく繋いでいきたいです。最後に、この絵本には対象年齢がありますが、特にとらわれることなくいくつのお子さんに読んであげても良い絵本だと思います。

    掲載日:2012/03/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 語り継ぎたい宝物

    みんなが知ってる昔話。
    この『はなさかじいさん』で、いいな!と感じたのは、
    擬音がたくさん使われているところ♪
    リズミカルだし、音で雰囲気や歩き方まで感じることができます。
    難しい説明を並べるよりも、ずっと伝わり易いと思いました☆
    年齢別に構成されているだけあって、文章の書き方も量も、ちょうどいいです。
    松成さんの絵の雰囲気も、このお話にすごくあってます。
    善悪の描き分け、自然の美しさが、本当に見事でした☆

    たくさんの絵本やお話で溢れている現代ですが、やっぱり昔話は宝物。
    永遠に語り継いでいきたいです。
    だからこそ、読みやすさ、伝わり易さはすごく重要。
    こどもの発達を考えて作られたこのシリーズ。細かな心配りが、とても嬉しいです。
    初めてふれる昔話として、オススメです!!

    掲載日:2012/03/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵から語りかける昔話

    子どもと一緒にパソコンの画面でこの絵本を読みました。
    まず満開の桜の木の絵にひかれ
    そして水彩画の美しさに心なごみながら読み進めていきました。
    昔話にしては鮮やかで不思議な感じもしましたが
    こどもにはなじみやすいと感じました。

    しかし一変。。。
    いじわるなおじいさんが出てくる場面になると
    絵の配色の暗くなりがらりとかわります。

    最後はまた美しい絵に物語が後押しされるように
    素敵なラストを迎えます。

    昔話は親の私も知ってるようで知らない,またいろんな昔話が
    ごっちゃになっていたりします。
    親子で一緒に昔話を楽しみたいと思っていましたので
    この絵本はかって手元におき,桜の季節には是非毎年読みたいですね。

    掲載日:2012/03/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 孫と桜の開花が待ち遠しい

    対象年齢には少し早いと思いましたが4歳の孫に読み聞かせたところ、興味深く聞いてました。おじいさんが咲かせた桜は綺麗だねと、近くの公園の桜の開花を楽しみにしています。驚いたことに自分から絵を追って得意げに話してくれたのには驚きました。

    掲載日:2012/03/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供たちに昔話を読むということ

    「はなさかじいさん」のお話しは自分も小さい頃から何度も読み、聞かされ、よく知っています。でも「なぜ、灰を撒くと桜の花が咲くんだろう?」と小さい頃から不思議に思っていました。それをきちんと知ることなく大人になってしまいましたが、巻末にある作者による「おうちの方へ」という作品の紹介を読んで知ることができました。子犬が箱にのって川上から流れている理由もきちんと説明されています。
    子供たちに昔話を読むということは、先人たちの想いを伝えることだという石崎さんのメッセージに感動しました。私はつい知ったつもりになって、お話しをはしょったり、昔話の本を読むこと自体をおざなりにしていました。これからはじっくりと絵を見て昔に想いを馳せ、セリフを気持ちを込めて声に出して読もうと思います。もっと昔話を読みたくなりました。

    掲載日:2012/03/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 入学前に読んでおきたい昔話

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子9歳、男の子4歳

    4歳の息子と一緒に試し読みをしました。
    松成真理子さんの絵は、他の絵本でも好きでしたので、
    ページをめくるのが楽しみでした。

    働き者のじいさまとばあさまと、となりのじいさまとばあさまの
    違いがはっきり分かり、子どもも分かりやすかったようです。
    擬音語もたくさん使われていて子供はしっかりと聞いていました。

    シロが亡くなる所では、息子は悲しい顔をして私にしがみついて
    来ました。その場面では、良く見ると松の木の所に雨が
    降っているんですよね。シロの涙のようで切なくなります。
    臼を焼かれて灰にされてしまった所の場面では、白い背景に
    じいさまとばあさまの涙が沢山描かれていて、
    本当に悲しくなりました。

    となりのじいさまとばあさまが、臼を使っているときに、
    ねずみがひっくり返って伸びている所が面白かったです。

    最後に見事な桜の木が出てくるので、クイズは桜の木と
    息子が答えるかと思っていたら、シロのお墓には松の木が
    あったとちゃんと覚えていました。

    みるなのくらのお話も、もっと月ごとに見開きのページで絵を
    見たかったです。最後のページのお月さまと景色のバランスが
    素晴らしくてしばらく眺めていました。

    私が読み聞かせをしている小学校では、1年生の国語の教科書に
    昔話を楽しもうという項目がありました。
    小学校に入る前に昔話に親しんでおくと教科書の
    内容にも入りやすいと思いました。

    この作品は、親子でも楽しめますし、昔話に慣れるのに
    良い絵本だと思います。

    掲載日:2012/03/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • しろは神様のおつかいだったのでしょうか

    悲しいお話なので、あまり読むことはなかったのですが
    お試しにあったので、久し振りに、この絵本を読んでみました。
    しろは神様のおつかいだったのでしょうか。
    現れ方も、人語を話すところも、そんな感じがします。
    善人と悪人への対処の仕方が徹底しています(笑)
    大切なものは、信用できない人に絶対貸さない(教訓)
    おまけのお話も、どこかで読んだことがありますが、
    見てはならないものを、人は見たくなるのかな。

    掲載日:2017/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がよかったです。

    「はなさかじいさん」のお話は有名で色々な絵本が出ていますが,こちらの絵本,私は絵がとても好きでした。
    働き者の優しいおじいさんおばあさんは本当に人がよい優しい感じに描かれていて,隣の怠け者のおじいさんおばあさんは意地悪そうに描かれていて,子供にもわかりやすいと思いました。
    こちらのシリーズ,最後にもう1つお話が描かれているのが,またいいですね!

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 桜にうっとり

    このお話、昔から苦手でした。

    シロが死んでしまうのが悲しくて…悔しくて…
    意地悪なおじいさんが許せなくて

    でも今読むと、とてもいい話だなぁと思いました。
    どこまでも愛情深いおじいさんとおばあさん。シロの感謝の気持ちが二人を幸せにしてくれて、本当によかったです。

    読んだ後はやさしい気持ちになりますね。
    松成さんの美しい桜の絵にも、癒されました。

    掲載日:2014/07/16

    参考になりました
    感謝
    0

43件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『BigBook ふしぎのくにのアリス』 <br>藤本真央さんインタビュー

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット