だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ニルスのふしぎな旅 (上)」 みんなの声

ニルスのふしぎな旅 (上) 作:セルマ・ラーゲルレーヴ
訳:菱木 晃子
画:ベッティール・リーベック
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\2,300+税
発行日:2007年06月
ISBN:9784834022735
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,019
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • スウェーデンの自然

    親としては読み聞かせをしているうちに名作に触れてほしいという思いかがあり、読む時期を前から考えていたのがこの本です。

    長い時間をかけてようやく読み聞かせ終わりました。といっても上巻のみですが。

    私はアニメでも見たことがあり、原作は読んだことがないものの印象に残っている話でした。

    読み聞かせしてみてニルスが主人公だからニルスが中心と思ったらそうでもなく、スウェーデンのいろんな場所や動物たち自然の様子がきめ細かく出てきます。

    どの国でもそうですが、土地の改革が自然の破壊へつながってしまうこと、経済の成長をとるのか自然の維持を願うのかという点は万国共通の問題に思いました。

    元々は旅行案内のような側面もあったということを後で教えてもらいました。

    いたずらっ子であったニルスがトムテに変えられてしまうのはある意味仕方がなかったのかなと思いつつ、いつ人間に戻れるのかがやはり気になるところでした。

    まだ上巻のみなので下巻を読むのを楽しみにしています。ニルスと共にスウェーデンのあちこちを旅している気持ちになります。

    掲載日:2012/02/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • スウェーデンを子どもたちに紹介する作品

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子19歳、女の子14歳

    感想を書こうと思って、「はなびや」さんの感想を読みました!
    すごいです!この作品をお子さんに読み聞かせたんですね〜。
    はなびやさんのお子さんには、この物語が1つの宝物になっていると思います。
    私も「はなびや」さんと同じく、子どもの頃チラッとテレビアニメで見ただけだったので、小人にされた男の子がガチョウと一緒に旅をする。くらいしか覚えていませんでした。

    今回、たまたま邦訳者の菱木晃子さんの講演を聞く機会があり、とても興味を覚えたので改めて読んでみました。
    上巻だけで515ページあります。
    正直本の苦手な子にはこの厚さを見ただけで「うげっ」とか言われそうだな〜と、思いました。
    でも、とても面白い作品でした。

    内容的には小学校の中学年くらいから十分読めるし楽しめるものだと思いますが、今どきのスマホやゲーム漬けになっている小学生が、この厚さに挑戦するかといえば……う〜ん?という感じはしなくもないです。

    作者のセルマ・ラーゲルレーヴは、元々大人向けの作品を書いていたそうですが、元教師ということで白羽の矢が当たり、スウェーデンの子どもたちが楽しみながら国のことを学べる作品の依頼を受け、この物語が出来上がったということです。

    (邦訳者の菱木さんのお話から聞いてはいましたが)
    前半の上巻を読んでいて、なにがドキドキしたかというと、
    ニルスはのスウェーデンの一番北のラップランド地方というガンたちの故郷をめざして旅をして、またニルスが住んでいたスウェーデンで最も南にあるスコーネ地方に戻ってくるお話なのですが、
    上巻の515ページ目をもって、首都のあるスコットランド(スウェーデンを半分にしてもやや南になる)よりももっと南の地域までしか移動していないんです〜。
    こんな調子でニルスは戻ってこられるの!?(ね?ドキドキですよね?)

    でも、逆に言えば、子どもたちに分かり易くスウェーデンを紹介するテキストのような作品のこの物語で、前半でここまでしか移動できないということは、
    スウェーデンは魅力ある場所、知っておいてほしい産業や歴史的な場所などがたくさんあるということです。
    正直日本とは離れすぎている国なので、知らないことや場所がたくさんありました。
    こんなに見どころのある国なんだ〜と、裏表紙の地図を参照しながらニルスの旅の経路を何度もなぞりながら読み進めました。

    普通の子どもよりももっと小さな小人の姿になったニルスの目線で、
    とても丁寧であるのに分かり易くスウェーデンを紹介してくれているので、一度読み始めてしまえば、読み手には物語が流れるように伝わってくること間違いなし!

    個人的には、近いうちに上手くまとめて小学校の高学年くらいにブックトークで紹介してみたいと思っています。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット