ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

「イグルー」をつくる」 みんなの声

「イグルー」をつくる 文:ウーリ・ステルツァー
訳:千葉 茂樹
写真:ウーリ・ステルツァー
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1999年12月
ISBN:9784751519776
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,208
みんなの声 総数 3
「「イグルー」をつくる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絶版だなんて、残念すぎる!

    • R☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子10歳、男の子6歳

    北極圏に住むイヌイット(エスキモー)の親子が、イグルーを作る様子をモノクロ写真と短い文章で紹介しています。

    この本を初めて読んだのは、下の子が4歳の時。何度も何度も「読んで!」と持ってきました。自分1人でも熱心に何度も見ていました。
    文章を読まずに写真を追って行くだけでも、
    何もない雪原に少しずつイグルーが出来あがっていく様子がよくわかります。のこぎりでダイナミックに切り出した雪のブロックを
    キレイに積み上げていく様子はお見事!

    移動しながら狩りをするイヌイットにとって、「イグルー」はなんと合理的な住まいなのでしょう。移動のためあとに残していくイグルーは気にしなくてもいいのです。夏になれば全て溶けてなくなるのですから。

    この本を読んで、イグルーを作ってみたくなり、たまたま見つけたイベントに参加して、家族みんなでイグルー作りをしました!
    雪面からスノーソー(雪用のこぎり)でどんどん雪をブロック状に切り出し、家族で力を合わせて積み上げてく…
    これを何度も繰り返すこと約1時間。我が家の小さなイグルーが、ついに完成しました。
    雪のかまくらとはまた違い、雪のブロックを積み上げて「建設していく感じ」がたまらなく楽しかったです。

    一冊の絵本との出会いが運んできてくれた
    家族との冬の楽しい思い出。

    これだから子どもへの読み聞かせは、やめられません♪

    ですが、この本、残念ながら絶版なのですね。
    毎年この季節になると図書館から何度も借りてきていますが
    もしも復刊されたら、絶対買って手元に置きたいです!!

    掲載日:2013/02/12

    参考になりました
    感謝
    2
  • 作ってみたい!

    図書館のブックトークで、「つつむ」というテーマのときに紹介されていました。
    北極地方に住むイヌイットと呼ばれる人がつくる雪の家「イグルー」。そのイグルーを作る様子が写真と短い文章で紹介されています。
    日本の「かまくら」は、雪の山の中をくりぬく感じですが、イグルーは雪をブロックにきって、うずまきの形に積んでいきます。少しずつ出来上がる様子を見ていると、とてもわくわくした気持ちになりました。
    私も「イグルー」作ってみたいです!

    掲載日:2016/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • イグルー作り

    北海道では冬の時期に、イグルーを作るというイベントがあるそうです。

    この本のあとがきに訳者の千葉茂樹さんが「この本を参考にぜひ」とあります。そのためには「いい雪を見つけることだ」とあります。

    千葉さんはその後いい雪を見つけてイグルーを作られたのか?気になるところではあります。

    千葉茂樹さんの講演会で千葉さんのお話を聞く機会がありました。そこでこの絵本のことを知ったのです。

    千葉さんの訳の本に『雪の写真家ベントレー』『雪の結晶ノート』『雪原の勇者』など、雪に関するものが多いのは、やはり北海道出身というこということが関係しているのでしょうか。

    この絵本はイグルーを作る過程を写真で撮った写真絵本です。私が目を見張ったのは、切り出された雪のブロックのきれいなことでした。

    ナイフといい雪と信頼できる相棒、イグルー作りに欠かせないものはこの三つなのかもしれません。

    写真は、イグルー作りを丁寧にまた雄弁に伝えてくれています。

    寒い地方で、ともすると生活の敵にも命を奪うこともある雪で家を作るというのは人間のたくましい知恵のように思えます。

    残念なのは、この絵本が絶版らしいということです。再版されるといいなあと思います。


    掲載日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット