ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

りゅうになったちいさなこい 竜門点額」 みんなの声

りゅうになったちいさなこい 竜門点額 文:李 鳳翔
絵:楊 永青
訳:君島 久子
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1988年08月
ISBN:9784338069076
評価スコア 4
評価ランキング 20,273
みんなの声 総数 2
「りゅうになったちいさなこい 竜門点額」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 中国の創作絵本です
    中国の諺に 「龍門点額」 魚が滝を登りきれば龍になれるという諺のお話しです
    詩人の白楽天(白居易)が魚の滝を登る姿を見ていたのです
    ある時 赤い鯉が滝を登ろうとして 白楽天のいる崖におちてきます
    水をかけて鯉を助けてあげるのです
    その時そこに現れたのは 小さな裸の男の子がいたのです
    白楽天は子どもから一年に一度もう5回も挑戦しており、過去にたくさんの魚が滝登りに失敗して 死んでいった話を聞いて   来年子どもが跳ぶのを見に訪れます。

    男の子が何度も挑戦する姿  白楽天は 応援するのです
    この二人の共同の力でとうとう 龍門を跳び越え龍となった男の子
    りりしく美しい白竜となって
     
    白楽天は男の子の努力に心惹かれたのでしょう
    お話しですが 勇気をもらえるお話しです

    君島久子さんの訳  絵も素晴らしく生き生きと迫力があります

    中国の創作絵本の素晴らしさを見せていただきました

    掲載日:2016/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楊永青の絵が魅力的でした。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    いかにも、中国的な楊永青の描く絵の世界が魅力的でした。
    1988年に発行されている作品で、邦訳は君島久子さんですので、日本の文として読みやすかったです。
    鯉が滝登りをする性質のせいか、鯉が大人になると龍になるという昔話は日本にもあったと思います。

    面白いのは、白楽天(中国で有名な詩人:実在したかどうかはよくわかりません)が出会った鯉の子どもの額にあかい印をつけるところです。
    翌年に現われた鯉の子どもが(人間の姿になった時)、
    いきなり小学生の高学年くらいの背丈に成長しているのには、ちょっと驚きましたが、展開がパッ、パッと変わってテンポがよくてよかったです。

    掲載日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット