モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

おとうとがやってきた!」 みんなの声

おとうとがやってきた! 作・絵:ディー・シャールマン
訳:もとした いづみ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1996年8月30日
ISBN:9784032014105
評価スコア 3.33
評価ランキング 36,488
みんなの声 総数 2
「おとうとがやってきた!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いなくなってはじめてわかる

    娘が保育園で「これ」と言って借りてきた絵本。
    この間、いとこの1歳の男の子が家に遊びに来て、娘が色々遊んであげていたのですが、この絵本のドーラとかぶるところがありました。
    ドーラはお姉さんで、サーシャが養子にきた弟の名前です。ドーラは自分の大事なものをむちゃくちゃにされ、おこって「弟なんていらない!」と言ってしまうのですが、一日検診のためにサーシャとママがいなくなり、パパとふたりきりになってしまいます。サーシャがいない家は静かで、ドーラはつまらなくなってしまい、サーシャが早く帰ってこないかと待ちつづけます。
    やはり誰でもけんかしたりした時は、相手が嫌になるけれども、いなくなって初めて相手の大切さがわかったりすることもあります。この絵本はそのことをおしえてくれるいい絵本だと思います。

    掲載日:2010/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 複雑な思い

    • モリヘイさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    これは、養子を迎えた家のお姉ちゃんのお話です。
    お姉ちゃんのとまどいがよく出ていると思います。
    弟が生まれてくる我が家の兄のために借りたのですがそのころ2歳の我が子には難しかったようです。
    しかし絵本のなかのいたずらをしている養子の男の子の絵を見てとても喜んでいました。

    掲載日:2002/05/20

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット