あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

マーリャンとまほうのふで」 みんなの声

マーリャンとまほうのふで 訳:君島 久子
イラスト:若菜珪
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\880+税
発行日:1981年01月
ISBN:9784033030807
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,524
みんなの声 総数 1
「マーリャンとまほうのふで」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ラストシーンから感じること。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    挿絵はわかなけいさんです。
    中国の昔話で、原文はホン=シュンタオさんが書いています。
    「筆」というものが高価で、普通の人にはなかなか手に入れることができなかった時代のお話で、
    絵を描くことが大好きなマーリャンが、仙人からもたった不思議な筆で描いたものが、現実のものになるというお話でした。
    こういう話は今もマンガやゲームの世界の設定としてよく使われている気がします。

    面白いのはラストシーンで、日本の昔話だと、主人公はお金持ちになって幸せに暮らしました。って終わり方が多いのですが、
    中国の昔話をいくつか読んで気づいたのは、中国の昔話は自分のもともと住んでいた土地などに戻って、「元の暮らしに戻り」幸せに暮らしました。と、終わるのです。
    こういうところを読むと、日本とはやはりどこか違う民族性を持っているんだなぁと、感じました。

    掲載日:2012/02/27

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット