もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

蒼路の旅人」 みんなの声

蒼路の旅人 作:上橋 菜穂子
絵:佐竹 美保
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年05月
ISBN:9784035403104
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,468
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不安ばかりがふえて

    【子どもレビュー】(小5・女の子)
    帝とチャグムは、親子だけど、全然にていません。帝は、どうして子どもにあんな冷たい表情を見せるのかが、不思議です。帝だってチャグムや街の人達と同じ人間だからです。帝になったからといって急に神にはなれません。帝は、自分の子どもがロボットだったとしても、気にしないと思います。大人になったら、チャグムもこんなのになると思うと、悲しいです。ラウル王子は、おだのぶ長みたいな人だと思います。帝とラウル王子、どっちもどっちだと思いました。現実では、かみあわない意見のために戦争を続けていく「人」は、おろかだなと思いました。私は、戦争をやめさせたいと思う人が、戦争をやる人よりも多いといいなと思います。でも、そうではなかったら、世界は、かんたんにほろびてしまうんじゃないかなと考えました。1人の子どもの運命は少し残こくだなと思います。


    クリックして拡大

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    3
  • 守り人シリーズ 第7作

    「精霊の守り人」「闇の守り人」「夢の守り人」「虚空の旅人」「神の守り人 来訪編」
    「神の守り人 帰還編」に次ぐ、7冊目の守り人シリーズです。
    ちなみに、本のタイトルに「旅人」とつくのは、チャグムが主役の外伝になります。
    ということで、「蒼路の旅人」は、チャグムが主役のお話です。

    15歳に成長した、大人とも子供ともつかないチャグムの姿が思う存分
    描かれている今回の作品は、チャグムの苦悩がリアルに感じられ、最初から
    最後まで気が抜けない、緊張感漂う1冊に仕上がっていると思います。

    シュガやバルサ、タンダといった頼る者が近くにいない状況で、チャグムが
    どのように決断して進んでいくのか、とてもハラハラさせられます。
    それでいて、この一冊の中で出来事が一段落着くこともなく、続きは
    次の作品「天と地の守り人」の三部作に繋がっていくようです。

    どうなる、チャグムの人生!どうなる新ヨゴ皇国!

    読み終えてから、表紙絵のチャグムの状況が飲み込めました。
    全ては、この絵に凝縮されているように思います。
    自分自身の意思で道を進み始めたチャグム。
    次回作に大いに期待したいと思います。

    掲載日:2012/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ますます目が離せない!!!7作目

    精霊→闇→夢→虚空→神1→神2ときて、今回で7作目。ぱっと見た感じで、順番がもう少し分かりやすいといいのですが。

    今回はチャグムが大変な目に、、、、。帝の勝手さには読んでいて腹が立ちます。これでも親か。でも、チャグムはそれでも帝を憎まずただ悲しみ、国のために強くあろうとするだけ。しかし、帝のせいでタルシュ定国に祖父を殺され、チェグムもとらわててしまう。しかし、国のために命がけで逃げ出し、援軍を頼もうとする。

    ここで終わるなんて、続編が待てなくなります。

    いそいで続編買ってこなくちゃ、、、、。

    掲載日:2012/03/02

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのにちようび

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ドームがたり』読み聞かせレポート

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット