あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

のぞいてみたら」 みんなの声

のぞいてみたら 作・絵:ささき みお
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2012年02月24日
ISBN:9784061324978
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,017
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あたたかい気持ちでいっぱいに

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、男の子2歳、

    お母さんと喧嘩して家を飛び出します。
    裏山のがけで不思議な穴をみつけます。
    そしてのぞいてみるのです。
    穴の中に広がっている世界を想像するワクワクが伝わってきます。
    のぞくって(響きはよくないのですが)本能的にワクワクするのですよね。大人も子供も…
    そんなくすぐったい気持ちを刺激されます。

    最後にのぞいた穴に広がっていたのは、
    赤ちゃんが生まれて幸せに包まれている家族。
    誰もがそんな風に強く強く望まれて産まれ、
    大切に大切に育てられてきたんだよと気づかせてくれる絵本ですね

    掲載日:2012/04/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 崖の断面が地層になっていて、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    その時代時代の一部分を覗いてしまうんですね彼女は。自分が生まれた頃を見れるなんていいな〜。今の子はいいですよね、家族の誰かしらが自分の生まれた頃の様子を、何かしらの形で残しておいてくれるんですから、私は…写真が数枚…。

    掲載日:2015/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • そういうお話でしたか

    のぞいてみたらというタイトルだったので

    穴あき絵本だと思っていました。

    でも全く違っていて、穴あきではなくて

    穴をのぞくというのがテーマの絵本でした。

    はなちゃんという女の子の表情がとても

    よかったです。

    でもこの絵本のテーマというか、何をいいたいのかは

    ちょっとわからなかった気がします。

    掲載日:2014/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ワクワクドキドキの穴★☆

    はなちゃんはお外で大きながけを見つけます。

    そのがけにはいくつもの小さな穴…。

    その穴をのぞきこんでみると?

    色々な世界を楽しむ事が出来、読んでいる私もワクワクしました。

    はなちゃんの好奇心が絵本を通じて伝わってきました。

    穴って、子供は覗いてみたくなりますヨネ^^

    最後は心温まるシーンでほんわかしちゃいました。

    やっぱり1番好きなのはお母さん!

    掲載日:2012/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 覗いてみると・・・!?

    お母さんに叱られて、ぷんぷんしながら家を飛び出した、はなちゃんが辿り着いたのは、ふしぎなふしぎな崖とその崖に開いたいくつかの穴。

    この穴がすごいんです!!穴ごとに違う世界が広がってます。
    それぞれの世界に入り込むのではなく、窓から中を覗いている感じです。うちの娘も、「なに?なに??」とヤジ馬状態(笑)

    そうこうしてるうちに、いつの間にか、家を飛び出したときの怒りはどこへやら・・・、「ただいま、おかあさん」と帰っていく姿が、ホッとします。
    叱られて家を飛び出したくなる気持ちも、やっぱり家がいいやって気持ちも、すごく共感できる一冊だと思います♪

    掲載日:2012/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヒトは恐竜の後よ〜

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    穴があって、そこを覗く。
    これはとってもドキドキだけどやりたいことの1つ!

    お母さんに怒られてプンプンしながら家を出たはなちゃん。
    いつの間にか入り込んだ裏山で見つけた大きな崖。
    色の違う土が層になっているんだけれど、
    その一つ一つにぽっかり穴が開いています。

    はなちゃんが下から順に覗いていくのですが・・・
    一番下はなぜだか海!その次は大きなトンボとトカゲの世界。
    そしてその次が恐竜が!マンモスの次に人間が出て来ました。

    ここで兄ちゃんが一言。
    「恐竜より前に人間がいたんだ」
    いやいや、それじゃ危険でしょうが。
    トカゲ→恐竜→マンモス+原人さん→人間です。

    大人だったら、地層の上は現代に近く、下はもっと昔というのは
    あたりまえの事実。
    でも、子供にはそうじゃないんですね〜。

    実はこっそり、はなちゃんの後ろで山登りしている人がいます。
    はなちゃんが覗く時代がどんどん進んでいるのと一緒に、
    登山の人はどんどん上っていくんです。

    ここに気づけば、時間が経ってるって判るんですけどね〜。

    進化の過程をさりげな〜く知った兄ちゃんでした(笑)

    掲載日:2012/04/26

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / なにをたべてきたの? / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット