ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

よっつめの約束」 みんなの声

よっつめの約束 著者:高野 優
出版社:主婦の友社
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年03月
ISBN:9784072825532
評価スコア 4.36
評価ランキング 10,039
みんなの声 総数 10
「よっつめの約束」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こんな絵本を読んでしまったら、お父さんは涙の海でおぼれてしまうのではないでしょうか。
    弟が一生懸命我慢しているのは何故
    私がお父さんとの約束の4番目を思い出せないのは何故?
    お父さんが死んでしまって、残された子どもたち。
    その子どもたちが、お父さんに向ける愛情をむき出しにしているのです。

    心の中がこうであったら、父親冥利以外の何物でもなく、この子どもたちのために元気でいなくてはいけない。
    そう思った自分です。

    4番目の約束。
    自分の名前を好きでいた欲しい。
    自分も子どもの名前に親としての全力投球をしたから、思いがいっぱい詰まっているのです。
    自分が死んでも、自分を思い出してほしい。
    子どもの名前には親の思いが込められているのです。

    なんだか、お父さんのために書かれたお話ですね。
    お父さんたち、頑張ろう!!

    掲載日:2012/05/18

    参考になりました
    感謝
    3
  • パパを亡くしてしまった子どもたちへ

    このお話は、パパを病気で亡くしてしまった幼い姉と弟のお話です。
    子ども心につらい出来事をかみしめ、のりこえてゆく姿が丁寧に描かれていてすばらしいと思います。
    実際に、このお話のような出来事を経験してしまった子どもたちに、前を向く勇気を与えることができるかもしれません。

    ただ、うちでは内容を知らずに子どもといっしょに全ページ試し読みで読みはじめてしまったので、しまった、と思いました。
    パパがいる幼い子どもに、大好きなパパを失うお話を読むのは辛すぎると思い、あわてて一部の文章をはしょって読み聞かせ、素敵な水彩画のほうに話題をもっていきました。

    そういう意味で全ての子供たち向きではないと思うので、星4つにしました。

    掲載日:2012/03/29

    参考になりました
    感謝
    2
  • 突然 お父さんが病気でなくなったのですね
    お父さんは自分が死んでいくとき 子供にどのように生きてほしいか伝えています
     
    ☆じぶんのことを たいせつにするんだよ
    ☆まわりのひとを たいせつにするんだよ
    ☆おとなになったら 人から ありがとうと いわれるような 仕事を するといいね
    ☆自分の名前を好きでいてね 誇りをもって

    親は子供の名前を付けるとき、幸せになってほしい
    まっすぐな夢がかなうように 
    笑顔いっぱいの人生になるように
    そんな思いをこめているんだよ だから 自分の名前に誇りをもってね
    お父さんはお空から見守ってくれているんですね!

    女の子も弟も お父さんの願いをしっかり受けて生きていってほしいですね!!

    悲しい涙の出る絵本ですが このような事は人間が生きている中で現実に有ることなので・・・・

    東日本大震災で多くの人が命を奪われました。そのことがダブります

    実体験のお話しと言うだけにぐっと胸が詰まる思いで読ませていただきました

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 父を亡くした少女が気付いたこと

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳

    新聞連載されていた子育て漫画が印象的だった高野優さん。
    ご家族(夫、3人の娘たち)の様子が活写されていて、共感していただけに、
    突然、夫の死去ということで連載が終わり、心配していました。
    3年が過ぎ、少し、死を受け入れることが出来た、ということでしょうか。
    そんな高野さんの経験をベースに、描かれたのがこの作品。
    主人公の小学生の女の子は、亡くなったお父さんとの約束を思い出そうとしています。
    悲しみに戸惑っている、幼い弟のためにも。
    自分のことを大切にすること、周りの人を大切にすること、
    大人になったら、人から感謝される仕事をすること。
    そして、自分の名前に誇りを持つこと。
    お父さんが残してくれた大事なメッセージが、女の子の気持ちを穏やかにしてくれたのですね。
    悲しい時の対処の仕方、とりわけ、子どもにとっての心の再生へのヒントになると思います。
    実体験がベースだけに、とても伝わってくるものがありました。
    そっと子どもたちとこのメッセージを共有してほしいです。

    掲載日:2012/05/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 命がけのメッセージ

     小さな小さな子供でも、パパがこれからどうなるのかが感じられるんですね。ママと保育園の先生も、何と言ったらいいのか迷っている気持ちが、よくわかります。自分も押し潰れそうなくらい辛いお姉ちゃんが、弟の心配までしているのが、とってもせつないです。

     自分の名前に、、、自分に誇りを持てれるような人生を送ってほしい、、、というパパの命がけのメッセージが伝わってきました。

     はかなげで、きれいな色は、子どもたちの気持ちの色に見えました

    掲載日:2012/03/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 感動!!

    このお話は、お父さんが死んでしまったきょうだいがお父さんとの約束を守って強く生きていく様子を描いたお話でした。どんどん弱っていってしまうお父さんときょうだいの会話がなんか切なくてとっても泣けました。でも、家族の絆が分かるので、すてきな絵本だな〜って思いました。

    掲載日:2016/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泣けました。

    読み終わったら泣いていました。
    可愛らしい表紙からは想像もできない内容でした。
    小さな姉弟の健気な気持ちが本当に切なくて。
    死を前に娘に4つの約束をしたパパ。
    素敵ですね。
    小さな子供を残して死んでいかなくてはならない親の気持ちを考えると,素敵なんて言葉では片付けられないですが(涙)。
    きっと必ずお空からいつも見ていますよ!大丈夫!!幸せになろう〜
    と,この二人の姉弟に言ってあげたいです。

    掲載日:2014/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    パパとの4つの約束。
    弟の笑いたくない理由。
    最初あれっと思いましたが読み進むにつれてやっぱり…とパパのことが分かりました。
    まだ幼い2人ですがパパのことが大好きでそしてパパのことをわかっているのですね。
    偉いけど強いけど悲しいです。

    掲載日:2014/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しく包んでくれます

    水彩のイラストが、とても素敵な絵本です。
    まるで一冊のイラスト集のよう。
    色の組み合わせが絶妙で、ずっと眺めていたいような気持ちになります。

    内容がなんとも切ないのですが
    可愛らしいイラストが、その気持ちを優しく包んでくれます。

    高野さんは、これからも絵本を作られるのでしょうか?
    期待しています。

    掲載日:2014/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 伝える

    表紙の絵からしてタイトルからして、中味を想定してなかった内容にびっくりして最後には涙して読めなかった作品でした。父親は、幼い子二人を残していくのにどんな気持ちだったかと思うと切なくてお気の毒になります。でも最後二人に伝えたいことを話すことが出来てよかったと思いました。「いつだって空のずっと上からちゃんとみているからね」
    にいつも勇気づけられて困ったことがある度に思い出していけるからよかったと思いました。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット