雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

火の話」 みんなの声

火の話 作:黒田 征太郎
出版社:石風社
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年12月
ISBN:9784883442065
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「火の話」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 3.11原発事故へ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳

    表紙の絵にただならぬ迫力を感じます。
    3.11原発事故を見据えた作品となっています。
    古代、ニンゲンが火を得るところから話は始まります。
    火の神は微力なニンゲンたちを哀れみ、
    ニンゲンの「知恵」を信じ、「火を使って殺し合いをしてはならぬ」という条件付で、
    火を与えるのです。
    ところが、便利な火によって豊かになるにつれ、
    ニンゲンは最初の教えを忘れ、争いを始めたのです。
    裏切られた火の神の声が、天災を引き起こします。
    ラストの言葉が余韻を残します。
    ニンゲンの「魂」を信じる。
    とても心に響きます。
    大震災後の東北に何度も出かけ、感じたものがにじみ出ている作品だと思います。

    掲載日:2012/03/09

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット