たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

なみだどろぼう」 みんなの声

なみだどろぼう 絵:ニコレッタ・セコリ
訳:小柴 一
著:キャロル・アン・ダフィ
出版社:新樹社
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年10月
ISBN:9784787586186
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,562
みんなの声 総数 9
「なみだどろぼう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なんて透明感のある話でしょう!

    もう何と言って表現したらよいのか分らないのですが、透明感の漂う、
    それでいてとても色彩豊かな感じのする絵本でした。

    なみだどろぼうという設定も神秘的なのですが、なみだには沢山の種類
    があって、それぞれに色があるというのがとても印象的でした。

    おこりんぼうの子のなみだは赤くてルビーのよう、
    うらやましがりやややきもちやきのなみだはエメラルドのような緑色。
    運がわるいとなげいてばかりの子のなみだはトルコ石のような青緑、
    こわくてながしたなみだはムーンストーンのような白、
    やましいことをしてながしたなみだは、琥珀色。

    なんだか本当に言い当てているなあと感じるのは私だけでしょうか?
    さすが桂冠詩人のつづる話は言葉が美しいと思いました。
    息子もその神秘さに釘付けになって聞いていました。
    (でも、宝石の色のところは、残念ながら100%は理解できていない
    と思います)
    是非、読んでみてください。月を見る度に思い出す話となりますよ!

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 幻想的なお話&絵!!!

    この絵って、どこかで見てるような・・・
    題名も気になります
    「どろぼう」?
    といっても
    透明感ある素敵な妖精みたいな雰囲気

    泣いている理由はそれぞれ
    その意味合いで
    宝石の色が違う

    こどもの涙だけ

    で、みずたまりに写ったなみだどろぼうと
    話す女の子との会話も
    「詩」的
    お洒落です

    まじりけのない純粋な涙
    それを、どうすると思います?

    幻想的な世界観

    絵がとにかく透き通るような描き方で
    きれいです

    作者は、イギリス国王が任命する
    341年間の英国史上はじめての女性詩人だそうです

    掲載日:2014/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な絵、素敵なお話

    以前にパパが借りた「魔女にとられたハッピーエンド」がとっても良かったので、同じ作家さんの絵本を借りました。

    このお話もとっても良かったです。絵がとっても素敵。「なみだどろぼう」と言っても、日本で想像するようなおじさんではなくて、可愛い真っ白な瞳の大きい女の子なんです。しかも、みずたまりに映った姿しか、人には見えないという「なみだどろぼう」。

    「なみだどろぼう」は人の涙を盗るのですが、とっても素敵な盗り方。そっと手で盗るんです。

    子供より大人の方にオススメです。とってもロマンチックな月夜のお話。是非読んでみてください。

    掲載日:2013/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 透明感のある絵にうっとり

    『どろぼう』という単語を聞くと、怪しげなおじさんがほっかむりで頭を覆って、地味で目立たない服を着て大きな袋をかつぎ、きょろきょろしながら人目を気にしている――というイメージを思い浮かべてしまいますが(あくまで私の偏ったイメージですね、ゴメンナサイ(笑))、こちらの絵本に出てくるどろぼうは、まったく違います。

    このどろぼうは、白い髪の毛をつんつんにとがらせ、大きな灰色の目をしていて、ハンカチーフ・ドレスを着て絹の靴をはいた可愛らしい女の子の姿をしているんです。
    しかも盗むのは、子供達の涙だけ。
    気づかれないようにこっそり盗みだした涙は、背中にしょったザックの中で宝石になります。
    そしてその涙が何のために使われるかというと…?
    ここからは読んでみてのお楽しみ。
    でも、想像もつかない活用法ですよ。

    なんとも夢のあるお話ですが、幻想的で透明感のある絵がお話を盛り立ててくれます。
    一年中で月が一番きれいに見える今の時期にぴったりの絵本です。

    掲載日:2012/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • なみだどろぼう?
    不思議なタイトルに惹かれました
    幻想的なお話しに絵が透明感のある絵  作られた人形のような絵
    ふーん  こどものなみだを集める なみだどろぼう        涙が なにになるのかは   オチの所で分かります
    きれいなんです 
    夜空に浮かぶ満月は 煌々と輝いています
    月の耀きを見ると 手を合わせて祈りたくなるのです

    話は違いますが・・・・・ 
    今日ロンドンオリンピックで流された涙の数々 子供では有りませんが・・・・涙には いろんな心の中の思いが詰まっているのです
    もらい泣きしてしまうこともたびたび有りました

    この絵本の涙は 子供です(大人の涙は 純粋でないのかな??
     
    「一番美しい月の光は まじりけのない じゅんすいな かなしみでできている」

    幻想的なお話しを楽しんでみて下さい
    少女向きかな?    

    掲載日:2012/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんの頃から、あんまり涙を流さない孫ですが、涙を盗んでもらって幸せを運んでくれる天使が傍にいてくれたらいいなあって思って読みました。孫がいっぱい出来るようになってうれし涙もいっぱい流したなあって思いました。涙を宝石に例えるのがとても素晴しくて感動しました。絵も素敵です!

    掲載日:2012/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 涙が宝石に

    • Yuayaさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子9歳、女の子6歳、

    泣いている子供から涙を盗んでいくなみだどろぼう。
    涙が盗まれた子供は涙が止まり、盗んだ涙は宝石に変わり、そして月の光になる。
    とっても幻想的なお話でした。
    でも言葉や言い回しが少し難しく、なかなか上手く頭に入ってこなかったです・・・
    素敵なお話の反面、難しい!という思いが強かったです。

    掲載日:2012/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 透明感のある素敵な涙どろぼうの絵

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    結局《涙どろぼう》って月の妖精だったのかなぁ。
    すごくきれいな終わり方で、うちの下の子の好みだな〜と思いました。(まだ読んでないけど)

    本の作者紹介のところを読んで、びっくりしました。
    なんとこの絵本の作者は「イギリス国王が任命する詩人」で、
    なんと341年間の英国史上で初めての女性の桂冠詩人に選ばれた人だそうです。
    日本語の邦訳はこしばはじめという方がやってらして、この方の訳は多分初めて読むので、原本を日本語にした場合どんなふうに違っているのか、もう一つつかめませんでした。
    もう少し何回か読みこんだら見えてくるかもしれません。

    日本の子どもたちって、国語の授業以外で『詩』に触れることって、とても少ないと思いうんですよ〜。
    なので、この作品へのとっかかりはやはり、ニコレッタ・セコリの絵にかかっている気がします。
    優しい透明感のある《涙どろぼう》が、とても美しく描かれています。
    1ページ1ページの絵もきれいです。特に最後のページは夢のある素敵な描写でした。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • なみだは宝石

    子どもたちのいろいろな涙を集めて歩く涙どろぼうは、「涙どろぼう」というけれど、人の涙を受け取ってくれるやさしい天使。
    涙の代わりにしあわせを運んでくれる天使。
    集めた涙は宝石のように輝いて、月の光を鮮やかにします。
    人は見えないけれど、そばにいてくれるとうれしい「どろぼう」ですね。
    とても清らかな話に、清らかで繊細な絵がぴったりしています。
    涙が出そうになったときに最適な絵本ですね。

    掲載日:2012/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぐりとぐらのかいすいよく / がたん ごとん がたん ごとん / おばけのバーバパパ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット