まるまるまるのほん まるまるまるのほん まるまるまるのほんの試し読みができます!
作・絵: エルヴェ・テュレ 訳: 谷川 俊太郎  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「きいろいまるを おして つぎへ いこう」言葉に導かれて、ページをめくっていくと・・・? フランス発・ポップな色づかいがオシャレな絵本です。
なーお00さん 30代・その他の方

大人でも楽しい!
こんな絵本、見たことない! 大人の私…

ふゆのき」 みんなの声

ふゆのき 作:ふりや なな
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2011年12月
評価スコア 4
評価ランキング 18,544
みんなの声 総数 6
「ふゆのき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 想像がふくらみます!

    0・1・2歳児向けで
    ふりやさんの作品があるとのことで
    図書館にリクエストしてました

    「ふゆのき」の題ながら
    あれ?
    主役は、とりさん達?

    単色の赤・青・黄色・緑の4羽の鳥
    やってきて 赤い実をくわえて いっちゃった

    まったくもって
    シンプルな内容です

    とり達の
    同じような行動パターンで
    次もこうなるーと想像させて
    当たった! − と喜ぶ

    この遊びなのかな?
    と、感じました

    気に入ったお友達は
    何度も何度も繰り返し
    見たがると想像します

    絵本=物語性 と捉え
    0歳のあかちゃんには、無理、必要ない
    と思う方もいらっしゃるような・・・

    色の、数の勉強ーと捉える方もいらっしゃるかと
    思いますが

    まずは
    「雪が降ってるね」
    「あかいとりさん、ここに止まったね」
    「どこで赤い実食べるのかな?」

    寄り添いながら
    一緒に
    想像をふくらましながら
    楽しむ絵本ではないでしょうか

    「ふゆのき」・・・着眼点がすごいなぁ〜
    と、感心いたしました

    掲載日:2016/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬の様子は良くわかる

    雪が中々振らないことと、降っても雪の認識は赤ちゃんでは難しいです。1歳の後半になると天気の理解が深まります。
    色の三原色+緑で色を教えること、鳥が実を1つずつ持って行ってしまうので数を教えられることとしては一石二鳥な絵本です。

    が、情景を出したいがために鳥も実もとても小さく書かれているので目が悪い赤ちゃん向きではないと思いました。
    申込し大きく書いてくれていると、子供もわかりやすいと思います。

    よくわからないと興味を持ってもらえないので、そのへんがもったいないと思いました。

    掲載日:2016/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢中です

    たまたまいただいたので1歳5カ月の息子に読んでいます。
    4羽のカラフルな鳥が飛んできて赤い実をくわえていくという、本当にそれだけの単純な物語なのですが、息子がびっくりするくらい夢中です。5回は連続で読んでもらいたがります。
    最後のページでは必ず実がなくなった台を指さします。
    実がない!と言いたいのかよくわからないのですが、本人なりに何かを感じるようです。

    色の勉強、数の勉強にもいい本じゃないかと思います。
    レビューが少ないので、もっとたくさんの人に読んでもらいたいなと思いました。

    掲載日:2015/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • そっと寄り添って読みたい

    雪が積もった冬の木。

    一本だけポツンと立っていると、赤青黄緑の美しい鳥たちが一羽ずつやって来て、冬の木にそっと寄り添っていきます。

    寒くて寂しそうだった木がパッと明るくなり、まるで笑っているみたい。とっても楽しそう。

    寒い冬に鮮やかな色を見ると、心がポッと温かくなりますね。
    言葉はなくても寄り添うだけで、それだけで十分…

    自然と動物は、仲良しなんですね。

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラフルな鳥

    真っ白な雪景色は、とても綺麗ですが、何だか寂しい印象です。
    でも、こんなにカラフルな鳥が四羽も飛んできてくれたのならば、ぐっと色鮮やかになりますよね。
    一羽ずつ飛び去っていく場面では、やっぱり寂しかったです。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色とりどり

    鳥が飛んできて、実を取ってまた飛んでいくというお話です。

    話の内容としてはとってもシンプルですが、色とりどりの鳥が次から次へとやってくるので、見ていて飽きないと思いました。
    色に興味を持ち始めるきっかけになる絵本だと思います。

    乳児さんにはオススメの一冊です☆

    掲載日:2012/03/11

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(6人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット