雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
汐見台3丁目さん 40代・ママ

賢治の作品の祖となるテーマ
つい近年まで私の中では、宮沢賢治という…

おおさむ こさむ」 みんなの声

おおさむ こさむ 作・絵:こいで やすこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2005年10月
ISBN:9784834021455
評価スコア 4.54
評価ランキング 4,812
みんなの声 総数 45
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

45件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • きっこちゃん冬のおはなし

    「おなべおなべにえたかな」ですっかりきっこちゃんのファンになってしまい、こちらの絵本も読みました。
    きっこちゃん達がそり遊びに出かけるのですが、家を出る前におばあちゃんにゆきぼうずに会ったら凍らされるので決して「さむい」と言わないように注意されます。そしておばあちゃんの作ったマントをはおって、お茶のはいったまほうびんをもらって出かけていきます。
    道の途中で可愛らしいゆきだるまと出会ったきっこちゃん達。一緒に遊ぶうちに、徐々に違和感を覚えはじめたきっこちゃん…。最初は楽しく遊んでいたけれど、だんだん雲行きがあやしくなってきてという天候の描写とともにきっこちゃんの心理描写が巧みでした。なんだか怪しいという雰囲気が絵で表現されているのがすごいです!
    ベタな展開ではあるのですが、それまでの過程がほんとにうまく表現されていて迫力があります。きっこちゃん達はどうやってこのピンチを切り抜けるのか、ハラハラしましたが最後はきっこちゃんの大活躍によってなんとかおばあちゃんのところまで帰還。スリルがあって読み応えのある1冊で、やっぱりおすすめです。

    掲載日:2016/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 劇の題材

    年中さんがこの絵本の劇をするということで、私も読んでみました。
    お馴染みのきっこちゃんたちの冬のお話です。
    素敵なマントをおおばあちゃんにもらったきっこちゃんたちは、雪の中に遊びに行きます。すると、おおさむとこさむという雪だるまと仲良くなるのですが・・・。
    なかなか面白かったですよ。ハラハラドキドキの展開でした。
    子供は、「さ、さ、さ、さ」「言っちゃだめ!」がお気に入りでした。

    掲載日:2015/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 結構スリリング

    • 沙樹さん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子5歳

    幼稚園で読んでもらって、気に入ったようで、図書館から借りてきて読みました。

    わらべ歌の「おおさむこさむ」みたいな感じかな〜
    と思っていましたが、違いましたね。
    表紙のイラストからはわかりませんでしたが、
    結構怖い絵本ですので、注意が必要です。

    おおさむとこさむという雪坊主が、雪だるまのふりをして
    子どもたちに近づいてきて、一緒に遊び、
    油断したところを・・・
    という感じなので、
    結構スリリングでした。

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとこわいかも

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    おおさむこさむの歌はおおさむこさむという部分しか知らないです。
    雪がふる日はゆきぼうずがでるっていう話はこの絵本オリジナルのお話なのかな?私は聞いた覚えがないお話でした。
    うちの娘は大丈夫なようで何度も楽しんで読んでいますが、ゆきぼうずが幼い子の中にはこわいと言う子がいるかもと思いました。

    掲載日:2014/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわかったみたい

    3歳8ヶ月の息子と読みました。

    きつねのきっこちゃんと、いたちのちいとにいの話。
    おおばあちゃんにマントを作ってもらったり、楽しい感じでストーリーは進んでいくのですが急転して…。

    息子はゆきぼうずが怖かったみたいです。
    かわいかったおおさむとこさむが急に大きくなるシーンが、特に。
    布団に潜り込んでしまいました。

    でも、きっこちゃんが冷静でいい判断をしてよかったね。
    おおばあちゃんも、いいものを持たせてくれました。

    掲載日:2014/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっぴり怖い冬のお話!

    親子で大好きな「きっこちゃんシリーズ」。
    「やまこえのこえかわこえて」「おなべおなべにえたかな」「たろうめいじんのたからもの」を持っていて,こちらの「おおさむこさむ」を図書館で読んでみました。
    ちょっと怖い今回のお話。
    冬のお話ですが,かき氷が出てきたりとひんやり気分になります。
    なので夏に読んでもいいかもです(笑)。
    最後はきっこちゃんの機転で危機を乗り越えます。よかったよかった!
    3歳の娘は「雪だるま=熱いお茶で溶ける」ということがまだイマイチ理解できていなかったようでしたが。
    「持っていた水筒のお茶をかける」という結末で一件落着でしたが,意味を理解していない娘に,「相手に水筒の飲み物をかけてしまう」という内容はちょっと躊躇して読んでしまいました。いらぬ心配だとは思いますが。
    もう少し大きくなったらまた読んでみようと思います。

    掲載日:2014/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 約束まもろうね

    おおばあちゃんからもらったあたたかいマントを着て、きつねのきっこと、いたちのちいとにいにが、そり遊びに出かけます。外にはゆきぼうずが・・・かき氷を食べて、ゆきぼうずが少しずつ大きくなっていくのを子供はしっかりチェック。約束を守ることはとっても大切なんだよって子供に伝えてます

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪だるまが!

    6歳4歳の娘たちに読みました。きつねのきっこちゃんがいたちのちいとにいとおおおばあさんが作ってくれたマントを着て雪の中に遊びに出かけました。そこで可愛い雪だるま2人と出会うのですが…。

    特に次女はこのお話がとっても気に入ったようで、何回も読んでと言われました。姉妹ともに好きなところはどんどん雪だるまが大きくなっていくとこです。雪だるまが雪ぼうずになっていくとこは、ものすごい迫力です。

    掲載日:2014/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキ出来る絵本

    冬になるとやっぱり読みたくなる絵本です。5歳の息子達と何回もよんでいますがやはり怖いけど読みたくなる絵本の10冊の中にはいると思います。
    きつねのきっこちゃんといたちのちいとにいはきっこのおおばあちゃんにマントを作ってもらって雪滑りに行き、そこで雪坊主に会うお話なんですが最初は雪坊主達はかわいいからあんしんしてしまうんですよね。それが、、、。こども達は本当にドキドキするみたいで読み手としてもチカラが入ります。雪の降る日にぜひどうぞ!

    掲載日:2014/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハラハラ・ドキドキ

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子6歳

    図書館で借りました。絵がほのぼのと可愛らしいので、ほのぼのとしたストーリーだと思っていました。
    しかし!読み進めていくうちに、ハラハラ!ドキドキ!ちょっと怖い感じがあり、久しぶりに内容が面白いと思いました。
    ページをめくるたびに、どうなる?!というワクワク感があります。

    雪は、雪遊びをしたり、かまくらを作ったりと楽しいけれど、吹雪の中を運転してホワイトアウトになったりすると、ぞっとしたり、毎年、屋根の雪下ろしの最中に下敷きになって亡くなった方のニュースを見たりすると、恐ろしいな、自然だなと感じたりします。

    雪の恐ろしさを知り、身を守るきっかけにもなる絵本だと思いました。

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    0

45件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / そらまめくんのベッド / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(45人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット