もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

どうぶつえんであそぼ かば」 みんなの声

どうぶつえんであそぼ かば 作:なかの ひろみ
写真:ふくだ とよふみ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\400+税
発行日:2005年09月
ISBN:9784834021325
評価スコア 4
評価ランキング 20,094
みんなの声 総数 4
「どうぶつえんであそぼ かば」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かばのど迫力です!

    3歳7ヶ月の息子に読んでやりました。写真ばかりで文章がないぶん、息子と自由にこれなんだろうね?とコミュニケーションが楽しめる写真集です。そしてそれらが普段はみることができないかばの一部分の写真ばかり。白黒なので、あっているのか間違っているのか、そんなのどうだっていいや!って感じで息子とあーでもない、こーでもないとあてっこゲーム。

    かばってこんな一面もあるんだーとおもう写真もあり、ちょっと意外。なかなか動物園では口をがばーっとあけることはありませんが、いくら息子が大きな口をあけてもかばの口とは比べ物にならないほどその口の構造って違うんだーと感心させられました。歯も大きいけど数は少ない。いろいろと写真から伝わってくることがあるんだ・・・と息子とこのシリーズを楽しんでます。

    掲載日:2011/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力。

    最近愛らしいかばの親子の写真集をみたばかりだったので
    少し違和感がありました。
    こちらはかわいいというより、大きさや迫力を重視していると
    思います。

    掲載日:2010/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごいなぁ

    横から撮影すれば典型的な「かば」なのに、
    アングルが豊かなので、かばについて多くの新しい発見があります。
    かばの歯並びなんて、動物園でじかには見られないですよね。
    地面に寝ているかばはまるで大きな岩みたい。
    動きが激しい動物ではないけれどそれがまた可愛らしくて。
    かばがとても愛らしい生き物に見えてくる絵本です。

    掲載日:2008/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • かばといえば・・・。

    大きなお口が印象的。
    手のひらサイズの絵本とはいえ、見開きいっぱいに全開のお口の写真、っていうのはかなりの迫力でした。写真なので、とにかくじっくり見られます。
    触ったらこんな感触かな、なんてことも想像しやすいほどの接写で、想像力がかき立てられました。
    こどもといっぱい会話が弾む絵本だと思います。

    掲載日:2008/02/07

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


頬をひっぱったら?お子さん・お孫さんといっしょに!

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット