モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

不器用な日々」 みんなの声

不器用な日々 作:清水 真砂子
出版社:かもがわ出版
本体価格:\1,900+税
発行日:2010年10月
ISBN:9784780303919
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 清水眞砂子さんのエッセイ

    清水眞砂子さんの翻訳の本も読んでいますが、清水さんの『そして、ねずみ女房を見た』『幸福に驚く力』を読んで、批評家、文筆家としての面にも惹かれていました。

    清水さんご自身も書かれていますが、この本は子どもの本に関することとも描かれている一方で、清水さんが日常で思われたこと、感じられたことも描かれているエッセイです。

    幸運にも今年清水さんの講演をお聞きすることがありました。著書に現れているように、日々の移ろいや言葉についてとても敏感に感じておられて、また洞察力の鋭さも改めて感じました。

    この本は、講演会後に読みましたが、読みながら清水さんの語り口が蘇ってくるようでした。

    困難な時代に心を支えてくれるのはやはり言葉の力。読書をしながら私は自分の気持ちを代弁してくれるような言葉に出会うと、自分はああこんな気持ちだったのだと思うことがよくあります。

    本を通してその著者の対話して、そこからまた自分の人生に役にたつ知恵をもらい生きてきたような気がするのです。

    ですから、巻末に「子どもの本のもつ力」という最終公演が載せられていて読みながら胸が熱くなる思いでした。

    清水さんの『本の虫ではないけれど』がまだ読めていないのですが、こちらも読んでみたいと思っています。

    掲載日:2012/03/14

    参考になりました
    感謝
    2

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット