だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

それぞれのやり方で21世紀もいて欲しい絶滅のおそれのある奇妙な動物について」 みんなの声

それぞれのやり方で21世紀もいて欲しい絶滅のおそれのある奇妙な動物について 著者:中田 弘司
出版社:アートボックスインターナショナル
本体価格:\1,800+税
発行日:2001年11月
ISBN:9784872985498
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,548
みんなの声 総数 1
「それぞれのやり方で21世紀もいて欲しい絶滅のおそれのある奇妙な動物について」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • それぞれのやり方

    このトンデモなく長いタイトルに惹かれて、読んでみました。
    そこには、15種の絶滅の恐れのある、少し変わった動物たちが描かれていました。
    特にどうとか、こうしなさいという説明はなく、動物の名前とちょっとした言葉が添えられているだけです。

    この動物たちの生態・現状、そして、このあとどのように守っていくのか。
    それは、また次の段階。まず、こども達に『絶滅』という言葉を知って欲しい。この絵本は、そういう『やり方』なんだと思います。
    そして、次の段階につなげてあげること、それも、この本を手にした大人たちのひとつの『やり方』なのではないかなと感じました。

    掲載日:2012/03/16

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット