だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

おばけのトッケビ」 みんなの声

おばけのトッケビ 絵:鄭スクヒャン
再話:金森 襄作
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2005年09月
ISBN:9784834021165
評価スコア 4.36
評価ランキング 9,981
みんなの声 総数 13
「おばけのトッケビ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 死人のふりをして

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子21歳、男の子19歳

    韓国・朝鮮の昔話。
    表紙からおどろおどろしいトッケビの姿にびくびくしながら読みました。
    独り身になった若者が途方に暮れ、墓場で野宿していたら、
    その墓の死人と間違えられて、おばけのトッケビと行動を共にするのですね。
    たまたま持ち合わせた古い竹の杖と水入れひょうたんが、
    若者を救ってくれます。
    もちろん、若者の機転があってのこと。
    だからこその、めでたしめでたしのラストには、妙に説得力すらあります。
    命を取ってくるというトッケビの造形が、恐ろしくもあり、
    その間抜けぶりも大らかでびっくりです。
    お隣の国の風俗も感じてほしいですね。

    掲載日:2015/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • トッケビの幽霊型タイプ?登場です。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    韓国の絵本はどれも結構好みで、見つけるとすぐ欲しくなってしまいます。
    今は韓国の昔話で「トッケビ」が出てくるものにハマってます。
    少し前にもいくつか読んでみたのですが、この絵本に登場するトッケビはよく言われているものと少々見た目が違い、
    絵を見る限りはほとんどただの幽霊という感じです。
    “いたずらもの”という共通点は同じでしたが、
    あと、やっぱりちょっとおまぬけな感じです。

    お話とはいえ、生きている人を幽霊と間違えるとかありえないですよね〜。でも、そんなちょっぴりまぬけな「トッケビ」がこっけう好みです。
    お話の展開的には、ラストが想像通りだったのがちょっと物足りない気もしますが、
    韓国のイラストレーター「鄭スクヒャン(名前の漢字がうちのパソコンで出ません…)」の味わいのある絵が、この絵本を面白く仕上げてくれています。

    掲載日:2012/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵は怖いけど

    子供が、表紙を見るなり、「こわそう...」と怖がり、しかし、気になるのか、恐る恐る絵本に見入って聞いていました。出会った若者に、知恵であしらわれてしまう無邪気なトッケビ。親子で笑わされました。

    掲載日:2011/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 庶民的なお話

    お化けに興味津々の息子に読んでやりました。

    韓国のお話なのと、トッケビという言葉そのものがちょっと読みにくく、とっつきにくい感じがしましたが、読んでみると親しみを感じる内容でした。お化けに出くわした貧乏な若者が賢く切り抜けて出世?する話です。

    息子は話の展開に完全に理解できたわけではなさそうでしたが、最後は助かった!と安堵の表情を浮かべていました。

    掲載日:2011/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわくないトッケビ

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    韓国で言う
    おばけなのでしょうが、なんとも愛らしくこわいとは
    思わないくらい楽しいお話です
    絵は結構不気味なのですが、最後のこわがるトッケビの
    様子には息子と一緒に笑っちゃいました

    命をとる、袋にいれる・・なんとも新鮮なお話に息子も刺激的だったようで、色々聞いてきました
    こういう昔話はいつになっても楽しめます

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 韓国のお話のおばけのトッケビこわ〜いイメージ
    どんな お話かな?
    お父さんが死んで 独りぼっちの若者は 形見の竹のつえと ひょうたん
    みようなものが 形見なんですね

    なんと お墓で寝ていた若者のところに現れた トッケビ  かんこくのおばけも おひさまがいやなんでだね

    若者はなかなかの知恵ものだから トッケビを上手く利用して
    娘の命を袋に入れて・・・・

    このくがりが おもしろい!

    韓国の暮らしぶりは 絵で分かるのですが・・・ 南無阿弥陀仏の旗があるのには 日本と同じだったのかと思いました

    娘を助けて結婚した若者は もう淋しくなくなりましたね
    めでたし めでたし 

    最後の トッケビが 悲しんでいるのが ちょっとかわいそうになりますね!

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話

    昔話好きな下の子(年長)が
    見つけて読みました。

    お父さんを亡くした一人の若者が
    仕事を探して旅をしていると・・・

    表紙の絵からして怖そうだけど、怖いけど怖い者見たさの
    子供たちが好きそうな絵本で真剣に見て聞いていました。

    ちょっとお間抜けなトッケビでしたが
    子供たちは最後はどうなるかとちょっとドキドキ
    したようです。

    韓国の昔話だそうです。
    昔話はどこのお話も面白いですね。

    掲載日:2010/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖そうに感じましたが

    韓国のお話ですが、後半は日本の昔話にもありそうな展開だと思いました。
    トッケビとはおばけなのでしょうか?西洋でいう悪魔のような存在?

    絵はいかにもおどろおどろしそうです。

    最初は怖そうなお話に感じましたが、意外とトッケビは知恵がないのかもしれないとも思いました。

    トッケビをだましても傷つけるわけではないので、読後感もよかったです。

    掲載日:2009/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわいけど、なんだかかわいい

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    韓国・朝鮮の昔話です。
    表紙に描かれたおばけのトッケビは、かなりこわい印象をあたえます。でも、読んでみると、意外にかわいい一面もあって、憎めません。
    韓国の人々は、おばけをどのようにとらえているのかがわかって、異文化を体験するおもしろさもあります。
    韓国の家のようすや洋服のようす、結婚のようすなども知ることができて、興味深く読むことができました。
    トッケビはおどろおどろしく描かれていますが、話の筋はけっしてこわくないので、親子で安心して読めると思います。

    掲載日:2008/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 案外オマヌケ?

    表紙の絵からは足もなく、姿もなんとなくはっきりしないような感じで
    こわ〜いおばけのお話しなんだ〜。と思ってましたが・・・
    日本にも同じようなお話しがあって、
    途中から、なるほどこうなるのね。なんて思いましたが
    子どもたちは、トッケビがお墓の中にいるおじいさんと思って
    ず〜っと勘違いしてるところや、ラストの部分がとっても
    滑稽に感じたらしく、「間違ってるよね〜」と何度も突っ込みが!
    昔話は、こういった勘違いでハラハラドキドキする部分がとっても
    おもしろいな〜と感じました。

    掲載日:2008/09/08

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おこだでませんように / まくらのせんにん そこのあなたの巻

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット