モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

ぶたのモモコとフルーツパーラー」 みんなの声

ぶたのモモコとフルーツパーラー 作:森山 京
絵:黒井 健
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2012年02月
ISBN:9784338081535
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,042
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 女の子の夢がいっぱい

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子17歳

    フルーツパーラーの題名に惹かれてセレクト。
    なんと、ぶたのバレリーナ、モモコの淡いストーリーでした。
    レッスンを一生懸命やっても、なかなか冴えないモモコ。
    気分転換に新しくできたフルーツパーラーに寄るのです。
    美味しそうなフルーツの品々を食べていると、何やら視線を感じるのです。
    なんと、モモコをデッサンしているイラストレーターがいるのです!
    そのイラストレーターに請われてモデルを引き受けるのですね。
    ぶたのバレリーナって、一歩間違えば、コメディー物になってしまうのですが、
    モモコは実に純真で素敵な造形でした。
    親友のマリエは、華やかな活躍をしているというのに、
    嫉妬もなく、二人のあいだには素敵な友情。
    地味な存在のモモコにも、その良さを認めてくれる人々がいる嬉しさ。
    そして、それらを結ぶおしゃれなフルーツパーラーと爽やかなイラストのある画廊。
    女の子の夢アイテムがたっぷり登場します。
    森山さんの語り口も、黒井さんの淡い絵も、物語に溶け合って素敵な読後感でした。
    微妙な心理描写もあるので、小学校中学年くらいからでしょうか。
    おしゃれな大人にもオススメです。

    掲載日:2013/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人の絵本かな?

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子20歳

    「ぶたのモモコはバレリーナ」から読めればよかったのですが
    図書館にリクエストして
    こちらが、はじめにきちゃいました
    で、表紙の絵が違います
    1993年6月20日初版のものでした

    黒井さんの絵に
    森山さんのおはなし

    バレリーナには変わりなく
    フルーツパーラ???の繋がりが
    予想出来ませんでしたが・・・

    「ケンクロウ」氏は
    もしかして、黒井健氏の分身(^^ゞ

    スケッチのところとか
    なんかほんわかしてきます

    謙虚なモモコさんが
    なんか、素敵です

    掲載日:2012/04/03

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット