ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

みみずのカーロ」 みんなの声

みみずのカーロ 作:今泉 みね子
絵:中村 鈴子
出版社:合同出版
本体価格:\1,300+税
発行日:1999年08月
ISBN:9784772602433
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素晴らしい学校!素晴らしい町!!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    本当は、小学校高学年の子どもたちにブックトークで紹介しようと思って用意していましたが、時間の関係上、今現在の段階では紹介できていません。
    小学生にもよくわかる自然を大切にする『エコ』な知識を教えてくれる素敵な本でした。

    著者の今泉さんが取材したのは、ドイツのメルディンガー小学校とシェーファー(校長)先生です。
    この学校には現在、たった1つのゴミ箱しかないそうです。でもそのゴミ箱はほとんどいつも空っぽだそうです。
    学校全体のゴミ箱がほとんど空っぽの状態って、すごいことだと思いませんか?

    シェーファー先生は元々農業の仕事を目指していた人で、自然に対する知識をたくさん持っていたので、ある時自分のクラスの子どもたちにこんな変な宿題を出すんです。
    それは、ゴミ箱にゴミを捨てる人は「明日から20ペニヒ(約15円)持ってくること」というものでした。
    20ペニヒのゴミも学校全体のゴミの1年分を合わせると中古車が一台買えるほどのお金になることを説明され、このクラスの子どもたちは『エコ』に目覚めます。
    そしてクラスでみみず(カーロという名前にした)を飼うことで、土に還元されるゴミとそうでない「ただのゴミ」との区別がついていきます。

    今泉さんの文章は、1章1章がわかりやすく面白く書かれているので、小学生の子どもたちにも十分読めます。
    『エコ』に興味のある人も、『みみず』や『自然』『学校活動』なとに興味のある人や、
    「ボーイ・スカウト、ガール・スカウト」などに参加しているお子さんなどに特にお薦めします。

    掲載日:2012/03/22

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット