だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

こいぬをむかえに」 みんなの声

こいぬをむかえに 文:筒井 頼子
絵:渡辺 洋二
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年03月20日
ISBN:9784834027129
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 優しさ溢れる絵本

    6歳長女が1年生になってから定期購読しているランドセルブックスです。絵本ですが、かなりの文字数です。

    この絵本は2匹うまれた子犬の1匹をおじさんのお家にもらいに行ってから、自分の家に持ち帰るまでの様子が描かれています。2匹についていた名前が「いち」「に」だったり、(名前を付けると別れがつらいので)、親犬がビックリするから静かに近づき子犬に触れるなど、子犬や親犬を思っての行動がわかりやすく描かれています。優しい気持ちがいっぱいつまった1冊です。

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬を飼う家庭に…

    そうちゃんと子犬の初めての出会いが丁寧に描いてあります。
    子犬を飼うと決めた瞬間の「絶対にお世話する」という決意、子犬に会うまでのワクワク、子犬を初めて見たときの感激、子犬を気遣う気持ち…そうちゃんの心の動きが伝わってきました。
    また、ふうちゃんが子犬と離れるときの悲しさ、寂しさも伝わってきました。
    犬を今から飼おうとしている家庭のかたに、オススメの絵本です。
    文章は長めです。

    掲載日:2013/08/02

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット