ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

だんごむしのおうち」 みんなの声

だんごむしのおうち 文:澤口 たまみ
絵:たしろ ちさと
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2012年04月
評価スコア 4.36
評価ランキング 9,979
みんなの声 総数 13
「だんごむしのおうち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • やっぱり苦手かな?

    娘はだんごむし(を含む虫全般)が苦手です。
    以前『ころちゃんはだんごむし』を読んだけど、だからって
    それで苦ではなくなる、ということはなさそうで。
    なのでやっぱりこの絵本を読んでもかわらなさそうな娘です。
    でも、何度も接していればじきに・・と、まだ諦めていない
    母です(笑)。
    しかし、かがくのともは勉強になりますね。だんごむしもどきで
    ワラムシもいるんですね。子どもと一緒にいちからお勉強させて
    もらっています、いつも。
    この絵本、絵はたしろちさとさん。たしろさんの絵本、とっても
    好きなのですが、これは「ちいさなかがくのとも」なだけに
    いつもとは雰囲気が違っていて不思議な感じです。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • まじかで見て

    三歳前の子供にちょうどいい。
    だんごむしって都会育ちの私は
    まじかで見ることってないので
    この本はとても楽しめました。
    虫を捕まえるだけじゃなくて、一緒に遊んでいる様子や
    赤ちゃんも出てきてびっくり。
    子どもも連続10回くらい読みました!

    掲載日:2012/04/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • そのもの!

    ダンゴムシの日常を描いたお話です。

    ダンゴムシを触っても、ちょっとだけ丸くなったり、丸まらないのがいたり…誰もが経験したことのあるダンゴムシの生態を忠実に描いていて面白いなぁと思いました。

    最後にちゃんとダンゴムシを元の所に戻してあげるシーンも描かれていて、生き物に対する慈しみや優しさも感じることが出来ます。

    ダンゴムシ好きの子ども達に是非、読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    掲載日:2012/03/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • どうしてもダメでした〜

    絵本だからといって甘く見てました。

    ダンゴムシの絵がとってもリアルでした。

    丸まった感じや、ひっくり返った感じも、

    想像以上にリアルでちょっとひいてしまいまいた。

    子どもはそれほど嫌がっておらず、興味深い感じで

    眺めてました。

    ダンゴムシに似たワラジムシというものがでてきます。

    それは丸くならないそうです。

    掲載日:2015/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 来年こそは・・・!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    3歳の娘が、図書館から借りてきました。

    虫が苦手な3歳の娘と私。
    だんごむしさえ触れない3歳の娘と私。
    「さわれないけど、だんごむしは、カワイイ」という感情はあるようです。

    くるんとまるまったり、
    赤ちゃんがうまれてたりするのをじーっと見入っては、

    「4さいになったら、この女の子みたいに、
     だんごむし、さわれるようになるんだもん!」

    と、力強く抱負を語っていました。

    いろんな絵本でだんごむしを見ると、
    だんごむしに触れない彼女は疎外感を感じるのかな?

    と、娘の様子を見てふと思いました。

    来年こそは、頑張ってね。
    私は、遠慮します・・・。

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょうど夢中!

    娘が最近よくだんごむし探しをするので、そんなに好きなら〜とこの本を選んでみました。

    子供の遊びをそのまま絵本にしたようなストーリーで、見ていて微笑ましいです。
    赤ちゃんが手についても平気なこの子は強い(笑)
    「出ていっちゃダメー」と通せんぼしている姿など、
    昔自分もやったなぁ〜と懐かしくなってしまいました。

    ちょっとリアルなイラストなので、苦手な方は選ばない方がいいかもしれませんね。
    (そもそも手に取らないかもしれませんが)

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなやったよね

    一番身近にいて、そんなに気持ちの悪い姿でもなくて、
    子供も平気で触れて特に害のない生き物。
    定番のだんごむしのお話です。

    ダンゴムシを捕まえた子が陣地にとどまらせようとしたり
    丸まらせてみたり・・・。
    きっとどの子もやってみたことのあるような遊びですね。
    昔娘が小さい頃、「ダンゴムシの赤ちゃん!」と
    小さい白いのを見せてくれて思わず後ずさりしたことを思い出しました(笑)
    幼稚園に入ったばかり位の子は共感できるお話ではないかなと思いました。

    掲載日:2014/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママは苦手だけど・・・

     我が家の庭でよく遭遇するダンゴ虫。ママは苦手ですが、息子はツンツンすると丸まるダンゴ虫に夢中です。そんな息子が気に入った絵本です。
     特に息子のお気に入りのページは、ダンゴ虫とまちがって、「丸くならないダンゴ虫」をつかまえたというくだり。
    この絵本は、一人の女の子があれやこれやとダンゴ虫にお世話(?)をしてあげるストーリーとなっているのですが、息子も女の子と同じように、お世話したいらしく、この「丸くならないダンゴ虫」も、庭でみつけてやろうと、石の下をさがしたり、植木鉢の下をのぞいたりしています。

    掲載日:2012/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一番身近で触れる虫

    みつけたダンゴムシ。
    家を作ったり、手のひらにのせたりして遊びます。

    私も幼いころダンゴムシはよく集めて遊びました。
    石や植木鉢の下をのぞいては見つけて手のひらいっぱいに
    ダンゴムシを乗せた記憶があります。
    息子もダンゴムシが好き。
    散歩や遊んでいる時でもすぐに見つけて手に取ります。
    地面の世界が大人よりも近い子どもにとって、
    一番身近で、安心して触れる虫なんでしょうね。
    息子はまだ赤ちゃんだんごむしをみたことがないので、
    そのシーンが気になるようです。

    あとがきにダンゴ虫の生態や雄雌の区別などについて
    書かれていたのがとても興味深かったです。
    身近で触っていたけれど、私自身知識として知らなかったことに
    気付かされ、息子には見分け方など教えてあげたい思いました。

    掲載日:2012/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • だんごむし

    孫が目の視力検査でわからないと何でも「だんごむし」と答えていたそ

    うです。実際にだんごむしがわかっているのか疑問ですが、この絵本で

    だんごむしをかまわずに学ぶことが出来ていいなあって思いました。

    読んでいるぶんには、だんごむしに触れずにいれるのでちょっと得をし

    た気分です。身近にだんごむしはいっぱいいるので、「あっ!だんごむ

    しだ!」って孫の口から聞きたいですが、とても詳しく画かれているの

    で学べる絵本です!

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット