もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

大魔法使いクレストマンシー キャットと魔法の卵」 みんなの声

大魔法使いクレストマンシー キャットと魔法の卵 作:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
絵:佐竹 美保
訳:田中薫子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2009年08月
ISBN:9784198627898
評価スコア 4
評価ランキング 22,506
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • クレストマンシー7作目

    このシリーズ、面白いのですが子供の名前が多すぎます。

    プレンダガストから馬を買うエピソード、このプレンダガストってもしかしたら6作目のプレンダガストかな?とか、ブーツみがきの少年て前作にも出てきたけど、ジョーのことだったのかな?、とかいろいろ想像できて面白いです。

    クレストマンシーのクリストファーと奥さんのミリーがいて、2人の息子ロジャーと娘ジュリア、次のクレストマンシーになる予定のキャット、キャットの姉のそっくりさんでクレストマンシーが後見人をしているジャネット、、、、それに今回出てきた近隣の子供、マリアンとジョーも城で教育されることになりますが、ずいぶんたくさんの子供がいてにぎやかそうです。お金もかかりそう、、、(笑)クレストマンシーは国から高給をとっているのか心配してしまいます。

    でも、ストーリーが面白くて、とてもすらすら読めてしまいます。早く続編を読みたい!

    掲載日:2012/03/23

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クララ
    クララ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    今からおよそ300年前、ヨーロッパを旅したサイのはなし。実話をもとに描かれた感動の一冊。


『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』の魅力を広めた書店員さんにインタビュー!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット