モリくんのおいもカー モリくんのおいもカー モリくんのおいもカーの試し読みができます!
作: かんべ あやこ  出版社: くもん出版
おいもで作ったおいもカーで、実りの秋の森を楽しくドライブ! 愉快で楽しい冒険絵本。

ようちえんがばけますよ」 みんなの声

ようちえんがばけますよ 文:内田 麟太郎
絵:西村 繁男
出版社:くもん出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年03月
ISBN:9784774320441
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,470
みんなの声 総数 44
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • クライマックスは・・・

    4〜5歳児に読みました
    「ばけますよ ばけますよ ようちえんが ばけますよ」」
    とはじまると一気に子どもが絵本に集中します
    幼稚園児には「ようちえん」がキーワードらしく、いつもは後ろの方に座っている子も前にやってきます
    ページをめくると期待通りの子どもの歓声!
    登場人物も化けていることに気付くと「見えない見えない」ともっと前に・・・
    ページがかわるたびに「わぁ〜次はなんだろうね・・・」
    ラフスケッチが出て来た時は「・・・?」きょとん
    そしていよいよクライマックスは内田麟太郎さんワールド満載の流れです

    読み終わると子どもたちがじっくり見たくて絵本に殺到でした

    掲載日:2012/04/25

    参考になりました
    感謝
    3
  • ようちえんが楽しいです!

    幼稚園の園舎や園庭、
    子供サイズの可愛らしい場所は
    おばあさんの私はいつも微笑ましく
    見ているところです。
    この絵本はキツネが呪文を唱えて
    幼稚園がいろいろ変化するのですが
    前のページに戻って
    見比べたくなりますし、何度もその変化を
    探してみたくなる気がしてきます。
    「ようちえん」という言葉から
    幼稚園児が好みそうな絵本だと思います。
    こういう絵本も面白いものだと感じました。

    掲載日:2017/03/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 楽しい!

    子供が幼稚園から借りてきて読みました。
    ばけますよ〜 ばけますよ〜と
    ようちえんが少しずつ変わっていく様子が面白いです。
    とちゅう、幼稚園がおばけ幼稚園になったり、
    色のないラフスケッチの幼稚園になったり、
    とても自由でユニークな絵に釘づけになりました♪
    ナンセンス絵本といってもそこまでぶっとんでいないため、物語の世界に入りやすく、
    読み聞かせにもぴったりな絵本だと思います。

    掲載日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 楽しすぎー

    言わずもがな内田麟太郎さんと西村繁雄さんの名コンビ。
    息子と期待しながらワクワクして読みました。
    期待は裏切られませんでしたー。楽しいー。
    ある意味裏切られたかな。楽しすぎー。
    ほんとによくできた絵本です。
    次は何に化けるのか、なにがどうなるのか、早くページをめくりたいやら、でも今のページももっとじっくりみたいやら。
    図書館で借りて読んだのですが、もう返したくないですー。

    掲載日:2012/12/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 100ぺん読んでもおもしろい!

    同じコンビの著書『がたごとがたごと』が大好きな2歳の長男に、と思って読み始めましたが、5歳と7歳のお姉ちゃんたちにすぐに奪われてしまいました。ページをいったりきたりして、園児たちの変身前と変身後の様子を見比べて楽しんでいます。
    途中に作家内田さんの構想デッサンがあったりして、こんな風に絵本はできているんだと知ることが出来、それもまた興味深かったです。最後にはさらに素敵な幼稚園になって大満足でした。
    帯に「100ぺん読んでもおもしろい!」とありましたが、まさにその通りだと思います。家族中で繰り返し繰り返し読んで楽しみたいです。

    掲載日:2012/05/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 間違いさがし!?

    ばけますよ ばけますよ ようちえんがばけますよ…
    そう唱えるたびに、幼稚園が化けていきます。というか人も鳥も描かれているものが何かに化けていきます。

    ページをめくるたびに、次々現れるおかしな幼稚園。
    最後は元通り。のはずが、どこかが違う。
    読み終わっても、何度も楽しめる不思議な絵本です。

    立ち読みのはずが、じっくりみたくて買ってしまった一冊です。

    掲載日:2012/04/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • じっくり何度でも楽しめます

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子9歳、女の子6歳

    きつねが呪文を唱えると・・・幼稚園が化けます。
    面影はあるものの幼稚園全体がガラリと変わり、その変化をじっくりじっくりじ〜〜〜〜っくり楽しみました。
    何度も最初のページも戻っては変化を見つけたり、一人一人マークして動きを観察したり。
    何時間何日でも楽しめる絵本でした。
    内田麟太郎さんとの打ち合わせスケッチなんかも出てきて、化け方は色々様々。
    どれもこれもおもしろい!
    そしてその度に最初のページへ。
    まだまだこれから満足するまで楽しみたいと思います^^

    掲載日:2012/03/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 星5つ以上つけたいです!

    子どもが小さい時からこのお二人コンビの絵本には沢山楽しませてもらいました。

    今回の絵本も素敵な素敵な絵本で・・読み終わった後に
    もう一度読もうとまたはじめから読みました。

    それほど、惹きつける何かが感じられる楽しい絵本です。
    星を5つ以上つけることが出来るのなら・・もっとつけたい!
    そのくらいの面白さでした。

    ばけますばけます・・

    最初のページでは、幼稚園が変わったところばかり見ていました。
    3ページ目くらいできつねさんが木の下にいることにようやく気付きました。(表紙にもちゃんといるのにおかしな話ですが・・)

    それほど、化けた幼稚園が魅力すぎて・・間違い探しのように夢中になってしまったのかもしれません。

    ページをめくるごとにどんどん化けていく様子は圧巻です。
    細かな描写にも作者の遊び心が見え隠れしています。

    何度でも繰り返し楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2017/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後がよく分からなかった…

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    う〜ん。お話がよく分かりませんでした。
    キツネがじゅもんを唱えると、幼稚園が動物の世界に変身。恐竜の世界に変身。と、次々に変化します。
    それ自体はおもしろく、どこが変わった?うわ〜怖い!と、絵をじっくり眺めて喜んでいたのですが、途中から絵本の原稿みたいな下書きになり…?
    そこのおもしろさが理解できず、大人も子供も??となってしまいました。

    掲載日:2017/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 間違い探しのようで面白い

    ようちえんがばける様子が斬新で面白いです。
    何がばけているのかを当てっこしたり、それぞれの違いを探すのも面白いです。
    絵の隅々まで見て変化を楽しめるので大人が見ても楽しいです。不思議な魅力のある絵本です。

    掲載日:2016/06/21

    参考になりました
    感謝
    0

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



光るページも楽しめる♪ 参加型ハロウィン絵本

みんなの声(44人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット