なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

ひっこしはバスにのって」 みんなの声

ひっこしはバスにのって 文:季巳 明代
絵:くぼた まなぶ
出版社:銀の鈴社
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年01月11日
ISBN:9784877865641
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不思議な少女

    物語はミミという女の子が遠い場所へ引っ越す為に、おかあさんとバスに揺られている場面から始まります。

    読み始めて少し経ってから、なんだか違和感が…

    山の道や小川のそばのすみれ、綿毛になり始めたたんぽぽ…ミミにとって初めての大切なものとのお別れです。
    ん?大切なものって、友達とかじゃないの?

    ひさしやまが拓けて、人や車が増えて危ないからから引っ越すの。
    んん?色々便利になるのに、何で引っ越すの?

    黄金色の髪、愛らしい瞳、名前のミミ…

    その全てが、なにか引っかかる不思議な女の子だなと思いました。

    表紙と裏表紙を見てきつねが出てくるのだなとは分かっていましたが、静かで寂しいお話だと思っていたので、思いがけないラストに驚きました。

    だからおかあさんは、バスでは誰とも話しちゃだめって言ったのね
    もう戻れないって、ミミの目から涙が零れそうになったのね

    バスで会った女の人は、ふたりに気づいていたんですね。
    もしかしたらおかあさんも気づいていたのかもしれない…

    ミミはもう、ふるさとには戻れないです。
    きっとミミとおかあさんが、最後の生き残りだったんじゃないかな

    ミミやおかあさんに、ごめんなさいと言いたい

    掲載日:2014/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も癒してもらえます

    ほんわかとした優しいイラストに、ミミのちょっぴり悲しい引っ越しが暖かく包まれるようなお話の流れです
    なんとなくイラストには意味深な「ミミのみみが・・・」
    そうだったんですね!納得です
    それにしても大きな荷物を抱えたお姉さんまで・・・・
    根底には人間が破壊し続ける自然をもっと大切にしてほしいという思いも伝わってきます
    短いお話ですが大人も癒してもらえました
    ミミとおかあさんのその後のお話もあったらいいなぁ〜

    掲載日:2012/05/08

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット