なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
グッチーさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

これなあに?」 みんなの声

これなあに? 作・絵:みやにし たつや
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2012年03月
ISBN:9784790252368
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,748
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 二通り

    このお話は一つの物で二通りの読み方ががあるものを紹介してある絵本でした。子供は二通りあるって知らないものも多かったらしく、「へぇ〜、そうなんだ〜!」って言いながら楽しそうに読んでいました。そして何で二通りあるのか聞かれて困ってしまいました・・・・。

    掲載日:2015/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ことばの勉強

    3歳も過ぎて、おしゃべりが急に達者になってきた娘。
    そろそろお勉強的なことを意識した絵本を読みたいな、でもあまり堅苦しいものではなく、楽しく読めるものをと探していたときに見つけた1冊です。
    「おにぎり、おむすび」「おなか、はら」「ひたい、おでこ」「くるま、じどうしゃ」など、ひとつの物を表す言葉が2つあるということを学べます。
    3歳だとまだ難しいかな?と思っていたのですが、意外にもすんなり理解して、絵を見ると2つの言葉を言うようになりました。
    自然に語彙力が伸びる絵本です。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ものには二つ名前があるものも・・・

     そうそう、ものには二つ名前があるものもあるんですよね。
     それに気づける頃のお子さんにお薦めです。
     
     宮西先生の絵は、家族のあったかくて何よりも明るい雰囲気が出ていてとても好きです。
     
     「おむすび」&「おにぎり」
     「とんかち」&「かなづち」
     などなど、あなたはどちらで言っていますか?

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • モノには名前がいくつもある

    これなあに?と聞くと「べろ」「した」とか、「はら」「おなか」、「うんち」と「うんこ」など、2通りの名前を出しています。シンプルだけど、いろんな呼び方があるという面白さがあります。数は多くないのですが、もう少しいろいろ書いてあったら、オチもあれば面白いと思います。2歳くらい向け。

    掲載日:2012/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 呼び名いろいろ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳

    題名だけではピンときませんが、要は一つの物に対していろいろな呼び名があることを
    気付かせてくれる作品です。
    馴染みのある物が登場し、お父さん・お母さん・ぼく・赤ちゃん・犬の家族が
    呼び名を出し合う趣向。
    確かにいろいろな呼び名があるのですね。
    これは気付きそうで気づきにくい視点だと思います。
    小さい子向けのレベルですので、例はほんの少しですが、
    後は親子で身の周りの物でチャレンジできますから、応用はいくらでも出来そうですね。
    呼び名って面白いなあ、と実感できますね。

    掲載日:2012/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • へぇ〜〜って声が

    • ☆みぃ☆さん
    • 30代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子11歳、女の子7歳

    「これなあに?」と聞くと、子ども達が「○○!」って応えてくれます。

    カタツムリ、でんでんむし。
    うんち、うんこ。
    かなづち、とんかち。
    …などなど。

    どれも呼び方が2つあるものばかりで、自分の知らない呼び名がでると、「へええ〜〜」って声が上がりました。

    他にもいろいろあるでしょうから、子どもと一緒に探してみる…そんなきっかけにもなっていいですね。

    掲載日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ◎◎で△△

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    本の対象年齢は2〜3歳だけれども、
    5歳児も8才児も大喜びです。

    ◎◎とも言うけど、△△ともいう。
    これがクイズのように、これなあに?って大きく描かれてます。

    もう、2人ともが我先にと「◎◎!」「△△!」と叫び、
    次のページではどっちも当たり〜♪

    大喜びだったのは赤ちゃんの「ウン◎」のところ。
    そんなに喜ばなくてもいいじゃないの〜。

    小さな子には言葉を楽しく覚えるように、
    大きな子にはちょっとしたクイズに使えますね♪

    これも読み聞かせではウケそぉ〜!

    掲載日:2012/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目の付け所がおもしろい!

    おにぎりとおむすび、
    うんちとうんこ、
    同じものなのに呼び方がいろいろある!
    これって、あらためて考えると面白いことですよね。
    とくに子どもにとっては新鮮みたいです。
    5歳の長女にはもう幼い内容かなと思ったのですが、
    読み終わったあとに、いろいろ呼び方を考える遊びに
    発展して、娘の語彙が増えていることに驚きました。
    もっともっとたくさん描かれていたら
    よかったなあ〜とちょっと思いましたが、
    言葉について考えるきっかけにはよい絵本だと思います。

    掲載日:2012/04/03

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



野球ファンだけにとどまらない、人生へのエールがこめられた絵本

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット