あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

おやおやじゅくへようこそ」 みんなの声

おやおやじゅくへようこそ 作:浜田 桂子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年03月
ISBN:9784591128923
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,683
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 浜田桂子さんの絵本が好きだったので、図書館で見つけて借りました。
    結局、子どもにというよりは、自分で読みました。
    浜田さんの、子どもに対する感覚。
    素敵だなぁと思うばかりです。
    親には親の言い分がありましが、子どもには子どもの言い分がある。
    子どもの気持ちになって考えると、そうだよなぁと思うところがたくさんありました。

    掲載日:2016/11/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 親の塾。笑

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    私は子供達にとっていい親かなと少し考えました。私はどちらかと言うと口うるさいと言うよりは「どうぞお好きなように」といった感じですので、先生方からすると「お母さん、もっとしっかりして下さい」って感じかも知れません…。汗

    掲載日:2015/04/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • こどもの目線にたって

    ぐちゃぐちゃ、ギャンギャン、いつになったらできるの? 
    親たちの悩みのタネ、変えさせようとする前に、その時のこどもの気持ちを考えてみよう!
    そんなことを気づかせてくれるお話でした。

    今思えば、あんな小さな頃に、何を焦ってたんだろう…?と思うことたくさんあります。
    うちの子は、もうすぐ8歳。じっくり話せば、だいぶ理解してくれるようになりました。
    それだけに、ちいさなことまで、口うるさく言ってしまうことも…。
    自分が8歳のころって、そんなに完璧だったのでしょうか?

    こどもにはこどもなりの理由がある。
    大人のようにできなくて当たり前。
    もう少し、こどもの目線にたって考えないといけないなぁ…と思いました!

    掲載日:2014/05/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供が一番の先生

    親にとっては、子供が一番の先生なのですね。
    育児まっただ中の親向けの本なのですが、育児書とはだいぶ雰囲気がちがいました。
    とにかく、子供を見ること。
    当たり前のことなのですが、それが、一番なのだと思いました。

    掲載日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • やっぱり親と子向けの絵本です

     可愛らしい先生たちの講義に、クスクス笑いながら読みました。
     1時間目の授業に、ホントこうだったな〜って子育てを懐かしく思い出しました。
     2時間目の授業には、参りました。
     “だっこ”と“家庭円満”と“こどものはなしをきく”は、確かに子育ての核ですね。
     4時間目のドリルの時間は、親のみなさんとお子さん先生で一緒に答えを見つけて行くと楽しいかな。
     ここで、これは親の絵本というより、親子向けの絵本なんだなって確認できました。

     でも、赤ちゃんを迎える予定のご家庭では、親のみならずおじいさん・おばあさんにも読んでおいて欲しい可愛らしい絵本だと思いました。

     カバー折り返しの“入塾のご案内”をあらためて読み直し、また笑ってしまいました。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子どもの気持ち

    「月謝無料、先生は優しくて優秀、成績は必ずアップ」という看板の先には…
    大人なら誰でも入塾できる、おやおやじゅくがあります。

    おやおやじゅくでは、先生(子ども)たちが親に色々勉強してもらいます。ドリルでは、親力をテストされます。

    みんな昔は子どもだったのに、大人になるにつれ、子どもの頃の気持ちは薄れゆくもの。
    子どもに学ぶことで、親も成長していけるのかなと思います。
    ユーモアがあり、温かいタッチで描かれていて、読後感がいいです。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 本当にあったらいいのになぁ〜

    おもしろい!!
    今までなかったのでは!?

    「じゅくにはいれるしかく おや」
    『親』の塾です\(◎o◎)/!
    表紙からして
    なんかおかしい

    門をくぐっている
    それぞれの親子の様子も
    よ〜く観察してみてください

    きれいなママ
    「はいよ〜」と返事しているかあちゃん
    真面目そうなお父さん
    自由そうなパパ
    行きたくなさそうなふとっちょパパ
    どうやら同じムラサキ色の洋服ですが
    仲良しじゃなさそうなパパとママ

    この方達がこの塾でどう変身するのか!?

    とにかく素晴らしい先生たちなんです
    だって、最初に
    子育てを褒めて、メダルをくれるんです
    素晴らしい!!

    そしてじかんわりも
    すごいんです
    本来のこどもの姿
    その対応の仕方について
    具体的に描かれています
    変なのもあるのが、またいいんです
    ドリルもあるんですよ
    その答えが、いろいろなんです
    多角的に考えるレッスンだ!!
    これは、すごいぞ〜

    いやぁ〜、たいしたもんだ
    終わりには、親同士も仲良くなっている感じ
    お迎えにこども達とどうなるか!?
    とっても、あたたかい気持ちになります

    本当にこんな塾があれば
    こどもは幸せになりそうな気がします

    立派なかたぶつな育児書より
    この絵本を大人が読んだ方がいいかも(^_^)v

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供から学ぶ

    • Yuayaさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子9歳、女の子6歳

    おやおやじゅくってどんな塾だろう?と思って読んだら、親が通う塾でした。
    先生は子供たち。
    子育てを頑張る親に、子供の性質や対応の仕方を教えてくれます。
    なかなかいい塾です。
    何気ない日常の中、子供たちから教えられることって意外にも沢山あるんですよね。
    これからもピュアな心で子供たちから色んな事を学んでいかなきゃ!と思いました。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 親にとっての先生は子ども

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    お勧めされていたので図書館で借りてきました。

    親にとっての先生は
    どんな育児書や専門家よりも
    やさしくて優秀なのは子どもなんですよね。

    つい本からの知識で子どもに接しようとしてしまいますが、
    子どもをよく見ていれば、
    一番いい方法を教えてくれているんですよね。

    この絵本は3歳の息子にはいまいち面白さが分からなかったようですが、
    親にはいい刺激をもらえました。

    掲載日:2016/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット