貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ひとりぼっちのバラ」 みんなの声

ひとりぼっちのバラ 作・絵:水森亜土
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2005年11月
評価スコア 4
評価ランキング 21,757
みんなの声 総数 2
「ひとりぼっちのバラ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こんな絵本があったんですね!!

    水森亜土さんのイラストは
    とても可愛くて特徴があって、
    私は子供の頃 いろんなグッズを集めていました。
    そんな水森亜土さんの絵本があったなんて、
    見つけた時は感動でした。
    ストーリーと イラストがとても合っているんです。
    バラの気持ちが伝わってきます。
    印象に残るお話でした。
    大人もこういう絵本を読んでみるのもオススメ。
    素敵な時間になると思います。

    掲載日:2016/06/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • あどちゃんの

    • ナタルさん
    • 10代以下
    • その他の方
    • 青森県

    絵はとっても素敵で、かわいくて大好きです。この絵本に出てくるバラさんはとても優しくていい子なのにとげがあるからなどでいつも一人ぼっちでいます。そんなバラさんの寂しさとか悲しみがよく伝わってきました。

    掲載日:2006/03/16

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界197の国と11の地域を紹介!開いて楽しいイラスト地図

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット