うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

福島の子どもたちからの手紙」 みんなの声

福島の子どもたちからの手紙 編集:KIDS VOICE
出版社:朝日新聞出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年02月
ISBN:9784023310346
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
「福島の子どもたちからの手紙」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 涙で

    チェルノブイリの子どもたちの絵や気持ちが描かれた『いきていたい』という絵本があります。

    その『いきていたい』を福島原発事故後読んだ私は、チェルノブイリから何も学んでこなかったことを悔しく思い、それまで無関心であったことを恥じました。

    そしてこの『福島の子どもたちからの手紙』です。同じ日本国内で今まだ起こり続けている出来事でもあり、何もできない歯がゆさ、無念さ、子どもたちの思い、子どもを見守る親の気持ちなど、いろいろなことをこの本を読むたびに思い、何度開いても涙で字がにじむのです。

    表紙にも「何さいまで生きられますか?」「僕は大人になれますか?」とあり一つひとつの言葉が胸をつきます。

    「わたしの夢は去年と全くちがいます」の言葉を読んだ時にはこんなことを思いました。

    子どもが生まれた時、まだ育ちゆく時に、大人である私たちは子どもの無限の可能性、その今後の命の長さを思うものです。

    放射能という目に見えないものに、自分の存在を脅かされる、子どもたちがそのような状況におかれること、そんなことは本来あってはならないことです。

    自分の子どもたちだげなく、福島の子どもたちのこと、被災地の子どもたちに思いを馳せることを私たち大人は忘れてはいけないし、何かできることをし続けていなかくてはいけないのだと思います。

    こんなことを書いている私も何ができているかと問われればとても心もとないのですが、自分にできること、福島の子どもたちへの支援を細く長くでも続けていきたいと思いました。

    掲載日:2012/03/30

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット