モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

アイスクリームでかんぱい」 みんなの声

アイスクリームでかんぱい 作・絵:いとう ひろし
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,311+税
発行日:1996年
ISBN:9784593540419
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
「アイスクリームでかんぱい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ライオンの夢はアイスクリーム?

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    お小遣いをもらって、アイスクリームを買いに行った男の子。どこに行っても売り切れです。
    そして、二人の店主は変なライオンの夢を見たといいます。
    この、アイスクリームを奪うライオンは一体なんだったのかな?
    読後も想像をめぐらせてしまいます。

    いとうさんが、アフリカのサファリパークのライオンをヒントに考えたお話のようですが、さすがに面白いことを考えますね。
    最後に男の子が、動物達と乾杯といってる場面がいいなあと思いました。

    主人公が同じくらいの年齢の男の子、アイスクリームを買いに行くという設定が身近に感じたようで、
    小1の息子も集中して楽しく一人で読んでました。

    掲載日:2009/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • あれれ?結局はライオン?

    留守番のおだちん。お駄賃と言う言葉からまず、「なんだあ?」という息子は、最後までくいついたように話を聴いていました。
    アイスクリームを買いにいったのはいいけれど、あれあれ?空っぽ。なんで?そうしたら、夢の中からライオンが出てきて、この不思議なライオンがどうやら、犯人みたい?でも、話がなんだかちがうぞ!そして、いつものとおりになり、いつものお店には、ちゃあんと、アイスクリームが運ばれました。二人で、どうなったんだっけ?とあれこれ、読んだ後も一緒に整理して、話をもう一度、考えてみました。こんなことって、まだ5歳の子には、早いかな?なんて思いましたが、しっかりついてきてくれました。そして、「これは、面白い本」として、片隅にきちんと固唾毛手いました。これまでの、読んでいた本とは少しことなり、異空間を感じる面白い本でした。

    掲載日:2007/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢の中と外

    ルラルさんシリーズの作者、いとうひろしさんの作品。
    アイスクリームをめぐる一騒動です。
    これは夢の中なのか外なのか…ドキドキハラハラ。
    楽しいお話です。
    あとがきも楽しかったので読んで聞かせました。

    掲載日:2005/10/12

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット