だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

おうさまババール」 みんなの声

おうさまババール 作・絵:ジャン・ド・ブリュノフ
訳:やがわ すみこ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1974年
ISBN:9784566000025
評価スコア 3.85
評価ランキング 28,891
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 街づくり

    ゾウの王様・ババールの街づくりです。
    街の名前に、自分の奥さんの名前を使うセンスは・・・?日本人には、なじみのない行為かもしれませんね。
    たくさんの職業があって、暮らしにはどの仕事も必要だということが、わかりました。

    掲載日:2013/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 難しいかな…

    4歳には難しいけれど、よくできていると思います。大人が楽しめます。絵は大きくわかりやすい感じで色彩も鮮やかなのでこどもはそれを楽しんでるようでした。なにせ、象が好きなもので(^_^)
    もう少しだけ大きくなったらまた読ませようと思います。

    掲載日:2011/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • な、ながい・・・!!

    「ぞうのババール」に引き続き
    二度目のババールでした。

    初回の調子で読んでいましたが、
    いろーんな登場人物が出てきて、
    いろーんな出来事が起こり、
    な、ながい!

    途中でギブアップしそうになりました。
    4歳の息子も、「ながいねえ・・・」といいながら、
    なんとか最後まで二人で通読。

    でも不思議なもので、二回目以降は、長いと思わず。
    ストーリーを楽しめるようになりました。
    ある程度の流れが頭に入ったから余裕ができたのかな?

    何回か読まないとよさがわからない一冊だと思いました。
    ちょっと疲れるけどね・・・。

    掲載日:2011/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • かなり読みづらかったです

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    ババールのシリーズ3作目。
    1作目と2作目は楽しく読んできたのですが、今作はうーん・・・。
    読みにくい外国風名前がオンパレードで、途中から読むのが苦痛になってしまいました。
    おはなしも抽象的な部分があるので、4歳の子には難しかったみたい。
    シリーズ読破しようと意気込んでいましたが、この続きを読むのは先延ばしにしようかと思います。

    掲載日:2010/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぞうのくに

    ババールが王様になったぞうのくにでは、
    ぞうの都をつくることになります。
    もちろん良いこともあれば、悪いこともあります。
    最後のほうでおばあさんの言うことは
    もっともだなぁと思いました。

    お話を読んだことがない私でも、
    ババールという名前は知っているぐらいの名作です。
    シンプルなのに繊細な感じがする絵とか、
    ありえないようなことと、現実的なことが
    混ざっていて、それが淡々と語られているところに
    独特の雰囲気があって良いと思います。

    長めなので読み聞かせするときに読むほうは疲れます。
    でも、娘はもう一冊っていうぐらい、飽きないみたいです。

    掲載日:2010/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 帝国

    ゾウの国を作ろうと立ち上がったババールのお話です。

    みんな一生懸命に作る姿が丁寧に描かれているなぁと思いました。
    特に仕事場と楽しみの場を作るというのは、なんだか生活にメリハリが出てきていいですよね!

    みんなで作った国で楽しそうに暮らしている姿を見ているだけで、幸せな気分になれるオススメの一冊です☆

    掲載日:2010/01/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 理想郷

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子11歳

    我が子たちが大好きだったババールシリーズ第3作。
    第1、2作で結婚、新婚旅行とハプニングにあいながらも
    無事に終えたババールおうさま。
    この作品では国作りの様子が描かれます。
    いつもながら感心するのが、ババールの王としての素質。
    なかなかの采配力の持ち主ですよ。
    みんなが気持ちよく働けるコツをちゃあんとわかっているのですからね。
    都の建設も、おお、なんと整然としていること!
    もちろん、施設だけではなく、それぞれに適した職業が配されています。
    後半はお決まりのハプニングも用意されていますが、
    無事に切りぬけて、みんなが楽しく平和に過ごすことの糧にしてしまいます。
    子ども達にとっては大人社会を垣間見ることができますね。

    掲載日:2007/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 理想の・・・って感じですよね。

    • れんげKさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、男の子6歳

    この絵本を読んでいて、ババールって、理想的な存在だな〜と思いました。
    そして、このゾウの国も・・・。

    みんなが、王様と一緒にがんばって、
    王様も、みんなと一緒にがんばって、
    そして、理想の国を作り上げている!

    という感じです。
    確かに、心配事などたくさんあるけど・・・がんばれば乗り越えられる!
    って本当にそう思いました。
    そして、そのことがとてもわかりやすく書いてあったと思います。

    でも・・・・。
    このゾウの国で暮らしたい!
    ちゃんと、自分のしたいことをして、それで、国がいい方向に進んでいるのですもの〜。
    それに、みんな、にこにこで楽しそうですし。

    掲載日:2007/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きくて読みやすいです。

    ババールの国づくりのお話です。読むのに時間がかかりますが,子供たちは絵のすみずみまでチェックします。絵に表情が薄いのが気になりますが,それは好みがあると思うので・・・。内容は幼児にもわかりやすく,絵を見てるだけでも楽しい絵本です。

    掲載日:2006/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色々な職業が分かる

    この絵本では、子供は学校へ行き、大人は学校に行かないから好きな仕事に就くということで、色々な職業が紹介されています。どんな職業があるのか、その職業はどんな仕事なのかが書かれていて、その点はすごく良かったです。
    息子のお気に入りは、さるのゼフィールがアイスクリームの味見をしようとしてクリームの中へまっさかさま。そこは楽しかったようです。
    全体的に読み応えのある絵本で、4歳の息子に1回で読みきかせするには少し分量がある印象を受けましたし、少し読みづらい訳だなあと思いました。

    掲載日:2006/03/29

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(3.85)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット