だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

終わらない夜」 みんなの声

終わらない夜 作:セーラ・L・トムソン
絵:ロブ・ゴンサルヴェス
訳:金原 瑞人
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2005年08月
ISBN:9784593504381
評価スコア 4.36
評価ランキング 9,968
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 不思議な世界を満喫できます

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    次回作の「真昼の夢」に衝撃を受けたので読んでみました。
    原題は「Imgine A Night」
    とても洒落ています。
    夜がテーマなので、絵が暗く一寸怖いというのが第一印象。
    でも何回も見るうちに、この摩訶不思議な世界に引き込まれてしまいました。

    一番気にいったのは、最後の白い毛布。
    この発想が最高です。

    ただ、あまりに「真昼の夜」が良かったので、比較してしまうと動きが感じられない分、厳しい評価にならざるを得ませんでした。
    大人の絵本としてお勧めですが、気にいる子どもも多いのではないでしょうか。
    最新作の「どこでもない場所」も是非読んでみたくなりました。

    掲載日:2010/07/14

    参考になりました
    感謝
    2
  • 絵に興味を持つ

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    視覚の面白さがあるので、ぜひ手にとって読んでみたいと思い、図書館で借りてきました
    実際に中学の息子は、表紙から「おっ!これすごいじゃん」と興味津々で手にとって読み始めました
    次々とページをめくり、冷たい休息の場面では、「こんなんだったら、眠れねー!」とつぶやいておりました
    終わらない夜の題名が、心に響く、息子の言葉でした・・・
    1歳児のお母さんにも紹介してみましたが、やはり興味を持って手にとってました
    不思議な雰囲気を漂わせてくれる、絵本です

    掲載日:2008/05/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 驚きました。

    何気なく読んでみましたが、これは驚きました。夜をテーマにした幻想的な絵に目を奪われます。
    どちらかというと、大人の方が好きそうな絵本かも。そえられた詩も興味深いです。
    同じ作者の他の絵本も読んでみたいと思います。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心奪われます

    ロブ・ゴンサルヴェスの絵が美しすぎて、心奪われます!
    錯視アートなので、視点を変えるだけで、別の世界が広がり「おおっ!」と声が出てしまいます。

    セーラ・L・トムソンの詩が添えられることで、ミステリアスさがより増して、すこし怖いような、夜独特の緊張感が走ります。

    とにかくビックリの連続で、娘もすっかり魅了されていました。
    他の作品も絶対見たいです!

    掲載日:2015/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不気味な表紙につられて読みました。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    例えば天井の木目の模様が人の顔に見えるとか、あんな感じを想像して貰えればいいかと思います。表紙がやはり一番不気味ですが、皆さんはどんな印象を受けられたでしょうか。この絵の雰囲気、嫌いじゃない。むしろ好き。

    掲載日:2014/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な夜世界

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、女の子1歳

    美術鑑賞のよう。
    壁画など手がける方、ロブ・ゴンサルヴェスさんの絵、
    それに刺激された作家さんによって詩がそえられた絵本です。
    ふしぎでちょっと怖い絵のようなものもあり、
    大判の絵本で迫力があり、じわじわと夜の神秘さを感じます。

    詩があることで
    普段の私なら目をとめてみない画風の絵画を
    じっくり見ていけます。
    その世界に浸り、絵の理解ができる気がします。
    絵それぞれが独立したものなので
    ストーリーはないです。

    掲載日:2014/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幻想的で不思議な世界

    一度その絵を見たら、もうそこから目が離せなくなる。そんな不思議で魅力的な絵です。
    はじめはあまり興味を示さなかった子供たちも、ページをめくるごとにどんどん夢中になっていきました。
    幻想的で、ちょっぴり怖くて、そしてとても美しいです。
    『真昼の夢』『どこでもない場所』も読みましたが、私の中では、3部作の中でこの本が一番のお気に入りです。

    掲載日:2014/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夜の夢想

    まず、表紙に驚きました。
    中を開くと幻想的で不気味な世界が飛び込んできて、どんどん引き込まれていきました。

    騙し絵のような絵と、美しい詩。
    形が少しずつ変化していって、そこに触れてみると、足を踏み入れると、空想の世界へ誘われます…。

    こんなに感性を刺激された絵本は初めてです。
    読み終わった後は、なんともいえない余韻が残り、しばらく浸ってしまいました。

    「どこでもない場所」はまだ読んだことがないので、読みたいです。
    また新しい世界へ旅ができると思うと…ワクワクします!

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • どちらかというとそんない好きな絵ではないのですが、口コミでの評判が良かったので気になって借りてみました。
    結果からいうと、借りてよかったです。
    特に、夜の飛行、が好きです。
    なぜだか一目見てわーっと世界に引き込まれてしまいました。
    その他のページもなぜか引き込まれてしまう魅力があって、なんだか日常を忘れて見入ってしまいました。

    掲載日:2013/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい

    4歳長女に読みました。パパが借りてきました。素晴らしい絵なんですが、だまし絵になっています。長女はパパの説明に「ほんとだー」とじっとして聞いていました。物語というより、絵を楽しむ感じなので、4,5歳から楽しめると思いますよー。

    掲載日:2012/04/04

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット