大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

1・2・3 インドのかずのえほん」 みんなの声

1・2・3 インドのかずのえほん 作:アヌシュカ・ラビシャンカール シリシュ・ラオ
絵:デュンガ・バイ
訳:石津 ちひろ
出版社:アートン
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年10月
ISBN:9784861930188
評価スコア 3.75
評価ランキング 29,465
みんなの声 総数 3
「1・2・3 インドのかずのえほん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 異文化に触れる

    数字が好きな息子のために図書館で借りてきました。
    1,2,3・・・と少しずつ動物が増えて、同じ木に登っていくというもの。
    翻訳も日本語の韻を踏んでいて、原文とはだいぶ違うのでしょうか。
    翻訳がなかなかのものだと思います。

    うさぎがうさぎらしく見えなかったり・・・ですが、これがインドのうさぎなのかなぁ、などと思って見てました。
    異文化に触れる、というと大げさですが、たまにはよいかもと思いました。

    掲載日:2015/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 英語で数える

    1が「one」
    日本語とあわせて、英語での数え方も学べますね。
    こういった絵本は他にも見かけますが、絵は、やはりインドらしい雰囲気です。
    それを見ると、英語は世界中で使われている言語なのだなと、思いました。

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • エキゾチックな動物達

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子12歳、男の子10歳

    1から10までその数の動物達が登場し、木に登ります。
    最後は鈴なりの木!が圧巻です。
    次男は???という感想でしたが、数の概念を視覚的に表現した絵本です。
    訳文には言葉遊びがあり、そこは石津ちひろさんの登場ですね。
    思わず拍手!です。
    絵はよおく見るとインド美術の筆致でなかなか味わい深いです。
    確かインドはゼロの発見など数学の概念が発達した地域。
    こんな絵本が書かれることも興味深いですね。
    英語のOne、Two、Three・・・も出てきますので、
    英語に興味津々の長男にも紹介しましょう。

    掲載日:2006/03/09

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット