雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

ねえ くまちゃん、なにしてるの?」 みんなの声

ねえ くまちゃん、なにしてるの? 作:ブルーノ・ヘクラー
絵:ビルテ・ムゥラー
訳:久保純子
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年10月
ISBN:9784776401469
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,941
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自分の小さな頃を思い出す

    自分が小さい頃に、お気に入りのぬいぐるみが実は動いたりおはなししたりできて、自分が見ていないところでは自由に遊んでいるのでは?などと考えたことがありました。そんなことを思い出させてくれる絵本です。
    大好きなくまちゃんのことをもっともっと知りたいと思う女の子が、「くまちゃん、いい?ひみつをみつけるわよ」と繰り返しながら、薄目を開けたり、隠れて窓からくまちゃんを見張ります。
    一緒に読んでいた5歳の娘は、なかなか動いてくれないくまちゃんに、途中ちょっとじれったくなっていたようですが、ラストでくまちゃんのひみつを少し覗き見できてうれしそうにしていました。
    ぬいぐるみが好きな小さな女の子に読んであげたら喜ばれると思います。

    掲載日:2012/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • くまちゃんのストーカー(?)

    「私」が留守をしている間、大好きなぬいぐるみの
    「くまちゃん」は、何してるのかしら?
    とこっそり様子を見る話。
    でも「くまちゃん」は、なかなかしっぽは見せません!
    探偵さながらの張り込みが展開されます。

    翻訳は、アメリカ的表現で、おしゃれな翻訳だな〜とは
    思うんですけど…。
    小さな子どもにはちょっと分かりにくいかもと思いました。

    でも、なかなか夢のある話なので、姉妹本も読んでみたい
    なぁと思いました。
    娘の反応はまあまあって感じです。

    掲載日:2010/06/03

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


主人公「ドーム」が自分のことばで語り伝える物語絵本

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット