となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …

ほしのぎんか」 みんなの声

ほしのぎんか 作:グリム
絵:坂本知恵子
訳:酒寄進一
出版社:ベネッセコーポレーション
本体価格:\1,097+税
発行日:1986年
ISBN:9784828812601
評価スコア 3
評価ランキング 37,587
みんなの声 総数 1
「ほしのぎんか」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 献身でしょうか?自虐でしょうか?(2)

    女の子が、次々と自分の食べ物や着ている物を困っている人に与えていきます。
    淡々と話が進むので、両親を亡くした女の子が、どうしてそこまでするのか良くは分かりません。
    困っている人たちというのは、女の子がどうするかを試している神様でしょうか?
    ちょっと説教じみたお話でもあります。
    女の子は次々と物を与えていき、自らは丸裸になってしまいます。
    どうしてそこまで献身的なのでしょう。
    暗くて怖い森の中、雪さえ降っています。
    最後に星の銀貨を与えられ、幸せに暮らしたというまとめでホッとしました。
    そのまま『天国』に召されてしまうのではないかと、心配してしまいましたから。
    「なぜ?」という疑問が先に立ってしまうので、描かれた絵で微妙に印象は変わります。

    坂本知恵子さんの絵は、何か象徴的で意味深さを感じました。

    掲載日:2012/04/03

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


入園・入学・進級のお祝いに、ギフトしかけ絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット