おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

もっかい!」 みんなの声

もっかい! 作:エミリー・グラヴェット
訳:福本友美子
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年04月
ISBN:9784577040065
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,862
みんなの声 総数 33
「もっかい!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 恐怖の2歳児みたい?

    お休みの時間にママ
    ドラゴンはかわいいドラゴンに
    読み聞かせを始めますが・・・

    だんだん眠くなるママは、
    話を変えたりして、
    目がトローンとなり、
    とうとうねちゃいます。

    わかるわかるみんな経験済み。
    おしまいのページは本当に
    ビックリ!焦げた匂いが
    します。(うそうそ(^_^;))

    愉快でユニークな絵本のリスト
    を作ってブックトークしようとして
    みつけた作品。

    かんしゃく起こす二歳児って
    よくみかけますが、成長過程で
    必要な現象だと思います。
    長ーい目で見守りましょう。

    掲載日:2012/07/23

    参考になりました
    感謝
    3
  • 絵本に穴があいてるよ

    我が家も、娘が気に入った絵本は「もっかい!」となることが
    よくあります。しつこいくらいにねえ(笑)。
    でも、この絵本は「もっかい!」とはならなかったなあ。
    おそらく、竜ちゃんの「もっかい!」があまりに怖すぎて、自分が
    いつも言ってる「もっかい!」とは同じ類いのものだとは思えなかった
    のでしょう(笑)。
    娘は「この竜ちゃんが赤いのはね」って一生懸命私に説明していて
    くれましたから(怖いものが登場すると、「それは怖くないものなのだ」
    と、自分自身が思い込むことができるように、言い訳を考えて説明して
    くれる娘なのです)。
    それでも、最後のページと裏表紙の穴は、とても新鮮だったようで
    (だって普通、絵本の裏になんて穴はあいていませんよね)何度も指で
    触ったり眺めたりして「これどうしちゃったんだろうね」とか
    「破けちゃったのかねえ」とか「こうやって作ったのかなあ」とか
    言いながら考えているようでした。
    ほおんと、この絵本作るの大変だったのではないかしらん。

    掲載日:2012/06/22

    参考になりました
    感謝
    3
  • わかるわかる(笑)

    共感〜♪
    初めは、はりきって読むものの、何回も何回も読まされると、
    めんどうになってくるし、それに眠気がプラスされたら、
    もう訳がわからなくなってきます。
    わが家でもよく、「もうっ!ママっ!!」と怒られます(笑)

    このドラゴン親子、表情がいいです♪
    絵本を読んでもらうときのワクワクした感じとか、
    「もっかい!」と甘えから、ダダに変わっていく感じ。
    お母さんのくたびれていく感じも最高☆
    そして、そして、まさかの後半。
    ありゃりゃりゃ〜(笑)
    娘は、子ドラゴンの色の変化が面白かったようです!!

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • まさに、もっかい!でした

    • わにぼうさん
    • 40代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子9歳、男の子5歳

    寝る前に本を読むのですが、1冊だと「まだダメ〜!!」
    3冊読んでも、「もっと〜!」の次男。
    兄ちゃんは眠くなって、「もういいじゃん」

    毎晩、こういう状態になってます。

    真っ赤なセドリックいう名のドラゴンが出てくる絵本が大好きな
    セドリックくん。ママに読んでもらうのですが・・・「もっかい!」

    もっかい!もっかい!の度に、お話も挿絵も少しずつ
    少しずつ変わっていきます。

    でも、とうとう寝込んでしまったママに真っ赤になったセドリックは。

    いや〜、すごいです。
    私はももたろうをよくやらされたのですが、
    おじいさんとおばあさんが出てきて終わりとか、
    おばあさんがモモ食べて終わりとかやってましたものね〜。

    最後の最後はもう「すごい!」と三人でびっくりしちゃいました。

    読後、次男は「もっかい!」でしたけどね(笑)

    掲載日:2012/06/15

    参考になりました
    感謝
    2
  • まるで我が家のベッドの風景

    真っ赤な本を差し出し、目で「読んで」と訴える表紙の赤ちゃんドラゴンがかわいくて、思わず手に取りましたが、中身もまたシャレていて、楽しいしかけにビックリでした。
    同じ絵本を「もっかい!」とせがまれるけれど、読んでいる私の方が眠くなって、お話をカットしてしまう・・・まるで我が家のベッドの風景を描いているかのよう。ウチも「ママちがうよ」と怒られることもしばしばですが、この赤ちゃんドラゴンは、強行手段に出てすごいことになってしまいます。
    子どもたちは、自分の代わりに思い切り怒ってくれる赤ちゃんドラゴンを見て、とっても楽しそうにしていました。もちろん「もっかい!」です・・・

    掲載日:2012/06/09

    参考になりました
    感謝
    2
  • うちも言います、「もっかい!」

    「もう1回」じゃなく、「もっかい!」という翻訳の妙、素敵です。
    分かるなぁー、この感じ。我が家にも2歳の「もっかい!」怪獣がいます。こちらは「最後だでー!」で応戦。
    きっと、子どもが大きくなったら懐かしい幸せな時間なんでしょうね。
    ラストシーンの遊び心もさることながら、ちょっとずつお話を変えていくママの姿もかわいらしいです。

    掲載日:2014/03/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 寝る前のおねだり

    ドラゴンのママが子供を寝かせつける時に
    絵本を読んであげています。
    子供はママにもっと読んで欲しくて「もっかい」とおねだり。

    何度も読まされるママの方が眠くなって
    お話をどんどん短く変えていって読みます。

    でも子供の「もっかい」攻撃は止まらなくって
    ママは眠いし、子どもは怒りだすし、
    最後は・・・

    仕掛けが楽しかったです。
    4年生の子が最後のページを「すげっ!燃えた〜」などと言いながら
    じっくり見て楽しんでいました。

    子供にとって魔法の言葉「もう一回だけ」が
    懐かしく思いだされた、私も笑顔になれる絵本でした。

    掲載日:2013/05/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • あるある本

    • ミモザさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳

    寝る前に、こどもドラゴンがお母さんドラゴンに絵本読みをおねだり。
    お気に入りだから、何度も何度も・・・。
    でも、親のほうが先に眠くなっちゃうんですよね。
    だんだん、お母さんの目がトローンとしてきて、話し方もムニャムニャに。
    わかるわかる!!

    私も眠気半分で読み聞かせ中に読み間違えをしたりして、娘に「えっ?なんかヘンだよ!」と突っ込まれたことが多々あります。
    これは、親にとっての「あるある」本かもしれません。

    最後にびっくりするしかけがあって面白かったです。
    この本自体を、何度も「も〜いっかい〜♪」とおねだりされました。

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    1
  •  小学校の読み聞かせに使いました。見開きが2枚あったり(もっかい!だから)、ドラゴンが火をふいてあけた穴がリアルに表現されていたり、絵も楽しいし、色もとってもきれいな絵本です。

     読み聞かせをしながら、子供たちは、絵本のドラゴンの親子に自分とお母さんを思い浮かべながら聞いているのでは…と思いました。きっと子どもたちもお母さんに「もっかい!もっかい読んで」とせがんだのでしょうね。ドラゴン母さんは眠たくなって話を都合よく変えて寝てしまいます。私も同じような経験が…。

     思いっきりドラゴンのお母さんと子どもになって読み聞かせてください。めちゃくちゃうけます。もちろんお子さんが一人で広げても、親子で読んでも楽しめます。

    私は、本を読み聞かせ終わったときに
    「もっかい!」「もっかい!」「もっかい読んで」と子どもたちに言ってもらってうれしかったです。

    でも寝る前に読むのは、勇気がいりますね(笑)。

    掲載日:2012/10/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • くせになる絵本♪

    おやすみ前に、セドリック(子どものドラゴン)がママにお気に入りの絵本を読んでもらうのですが、読んでも、読んでも、「もっかい」とせがんでくるので、ママはストーリーを変えてしまいます。
    ストーリーに合わせて、絵本の登場人物のセドリックとお姫様の絵も変わって…。

    見返しやしかけも面白く、最初から最後まで遊び心があり、心をくすぐる絵本です。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    1

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット