あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…

干がたは海のゆりかご −東京湾の海を守る−」 みんなの声

干がたは海のゆりかご −東京湾の海を守る− 文:川嶋 康男
絵:すずき もも
出版社:絵本塾出版 絵本塾出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:2012年03月29日
ISBN:9784904716717
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,135
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 海のゆりかごの大切さを再認識

    干潟の埋め立ては生き物たちの生きる場を奪うものであり、生き物としての人間の生活の場を奪うものである

    これはこの本を発行した思いとして、ほんの裏表紙の帯に描かれている文章です。

    経済優先の現実が自然を壊し、海を犠牲にすれば取り返しのつかない自然破壊が起こることを気づいてほしという気持ちで書かれた作者の想いが伝わってくる内容でした。

    自然が大好きで干潟には何度も足を運んでいる我が家にとっても、なくしてほしくない守ってほしくない環境の一つです。

    干潟は、自然が作ったまさにタイトル通りの海のゆりかごです。
    赤ちゃんは流されないように守られたり、隠れるところがたくさんあるから生き物が卵をうみつけにきたりします。

    それが人間の手によって埋め立てられることはとても残念な話です。

    人間がより良い生活をしていく為にはある程度必要なことなのかもしれません。
    でもこれを読むと、このゆりかごを守りたいという気持ちを強くさせます。

    海のゆりかご

    このタイトルもとても意味深で、私たちに多くの課題を投げかけてくれているように思います。
    自然を少しでも守っていきたい!

    そう感じさせてくれる本です。

    掲載日:2017/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 環境問題と聞くと、ちょっと堅苦しいように感じますが
    この絵本では、とても分かりやすく説明されています。

    文章がとても多いのですが
    それだけではなく、イラストも満載なので
    あまり構えずに読むことが出来ました。

    また、巻末に索引がついているところも、親切です。

    自分たちの住む地球のことだからこそ
    もっとしっかりと考えなくてはいけないのに
    まだまだ知らないことが沢山あるなと思いました。

    それと同時に、「知らない」ではなく「知ろうとしていない」
    のだと気がつき、恥ずかしく思いました。

    「いつか知れたらいいな」ではなく、
    積極的に知りたいと思う気持ちが大切だと感じました。

    地球のことを考えるきっかけになりそうな、学習絵本です。

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット