もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

サンタさんからきたてがみ」 みんなの声

サンタさんからきたてがみ 作:たんのゆきこ
絵:垂石 眞子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1997年10月5日
ISBN:9784834010596
評価スコア 4.43
評価ランキング 7,913
みんなの声 総数 53
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

53件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • まじめなねずみの郵便屋さん

    サンタクロースって、謎だらけで神秘的。うちの子供たちにとって、クリスマスシーズンに関係なく、サンタは気になる存在で、サンタの出てくる本は大好きです。

    この本に出てくるねずみの郵便屋さんは、とてもまじめな仕事人。だからこそ、手紙を一通濡らして配達先が分からなくなったときには、そうとう落ち込んだのでしょう。ページのはしっこに描かれた、しっぽを引きずってしょんぼりと歩く姿が、何とも言えません。

    そして、そりに乗った動物たちがうかれていても、ねずみさんはしっかり道案内の仕事を勤め上げました。

    濡れた手紙が誰への物か、子供たちと一緒に考えながら読みました。

    掲載日:2011/11/18

    参考になりました
    感謝
    2
  • 1通の手紙が・・・

    ねずみの郵便屋さんは、いつもはとっても元気。
    でも、1通の手紙が、そんなねずみさんを困らせてしまいます。
    にじんでしまって、宛先のわからない手紙・・・。
    でもその手紙が、ねずみさんと森の動物たちへの、素敵な
    プレゼントにつながっていきます。
    動物たちの優しさと、クリスマスの風景に癒される、とても
    素敵な1冊です!!

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さくても一緒に楽しめる

    お話は少し長めですが、キーポイントとなる手紙は絵手紙になっているので、2歳の妹も一緒になって読み解こうと楽しんでいました。サンタさんはトナカイの引くソリに乗って、空を飛んでくるというのを最近知った息子は、皆でサンタさんのソリに乗せてもらうページが大好きなようです。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • だれあてだろう?

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    ねずみのゆうびんやさんが手紙を配ります。濡れてしまってだれあてか分からない手紙…しょんぼりした姿を見てみんなが心配します。普段からの仕事ぶりもあってみんなに好かれているのですね。
    その手紙はなんとサンタさんが書いたもので、受取人は…。
    サンタさんからの手紙、サンタさんのそり、子供でなくてもうらやましいですねー。

    掲載日:2015/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳のクリスマスプレゼント

    3歳のクリスマスプレゼントに贈りました。
    先にこの絵本を渡しておいて。。読んでから
    寝室にあがったところに
    サンタさんからの手紙とともにおもちゃのプレゼントを
    ベッドの上においておきました。
    サンタさんの手紙をこの絵本にでてくる手紙
    そっくりに文字とイラストを使って書きました
    演出しすぎ(笑)
    次の日保育園で
    サンタさんから手紙もらってーーん!と
    自慢していました。
    クリスマスにおすすめの絵本です。

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なクリスマスファンタジー

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子13歳、男の子10歳

    読み聞かせで読んだ方がいて知りました。クリスマスの季節にピッタリのお話だと思いました。
    サンタさんから来た手紙の宛先が、水で濡れてしまって分かりません。
    誰あてだったのか、宛先探しのストーリーかと思ったら、ネズミの郵便屋さんにプレゼントを配ってほしいというお願いの手紙だとわかります。

    郵便屋さんとプレゼントを配るページの絵がとてもすてきでした。
    最近のサンタストーリーにありがちな、子供の夢を壊すような感じがなくていいなと思いました。

    掲載日:2014/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なクリスマス絵本!

    4歳幼稚園年少さんの娘に読みました。
    森の郵便屋さんのねずみさんが,手紙を濡らしてしまい宛名が見えなくなってしまったサンタさんからの手紙。
    それを森の動物達と誰宛の手紙なのか言い合う場面がとても可愛いお話です。
    みんなサンタさんからの手紙が自分宛であったらいいなぁと!
    やっぱりサンタさんの存在って素敵なんですよね☆
    そしてその宛名は。。。
    終盤はクリスマスらしい素敵な景色とほのぼの感あふれる結末で,親子で安心して読める絵本でした。
    ぜひクリスマスシーズンに!!

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白くって、温かい

    昔、私が読んだ本で、
    クリスマスの前に娘にも読ませたくなり購入しました。

    ねずみの郵便屋さんがうっかり雪で濡らして滲んだ手紙の宛名を、
    森の動物たちがああでもない、こうでもないと好き勝手に解読していきます。
    ひょんなことから、これはねずみの郵便屋さん宛てに届いた手紙だと分かって……
    素朴なミステリーに頭を悩ませた後は、とびきり壮快なエンディングが待ち受けています。

    雪の森の静謐さと、動物たちの服の品のいいカラフルさが調和して、
    控えめでありながら不思議と温かく記憶に残る絵柄です。
    「もりで いちばん おおきな もみのき」が動物たちの眼前に現れるシーンでは
    薄暗い森の影を押し退けるようなまばゆい光があふれ、
    読み聞かせている私の方も、思わず歓声を上げてしまうような美しさでした。

    3歳なりたての娘にも話の筋は分かりやすく、
    はじめから終わりまでずっと楽しそうに聞いてくれました。
    クリスマス以外の時期にも読み返したくなる、
    普遍性のあるやさしい童話です。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと困る

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     サンタさん、おてがみ書くの?
    そう問われると、う〜〜〜〜〜〜〜〜ん・・・
    答えが口をついてでてきません。
    サンタさん、神さまですから。
    めったにごめんなさいなどしないのですが、絵本では。
     〒マークが日本であることが気になるのです。
    それにもうひとつ「プレゼントをくばる」という表現に?でした。
    なぜか大人の作為が、すなおに受け入れられないのでした。
    ごめんなさい。

    掲載日:2013/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • サンタさんの道案内

    もし、サンタさんから手紙がもらえたら・・・誰でも大喜びしちゃいますよね。
    この絵本の中でも、「この手紙は、自分にきたものだ」とアピール合戦です。
    でも、本当の受取人は、一番控えめなねずみさんでした。
    しかも、サンタさんの道案内なんて、大役ではありませんか!
    サンタさんの手紙は、絵文字がたっぷりで、子供も楽しそうに読んでいました。

    掲載日:2013/01/16

    参考になりました
    感謝
    0

53件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット