なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

よろしく ともだち」 みんなの声

よろしく ともだち 作:内田 麟太郎
絵:降矢 なな
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2012年05月07日
ISBN:9784032323900
評価スコア 4.74
評価ランキング 821
みんなの声 総数 61
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

61件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  •  小学校のお話会で、毎年2年生に共通本として「おれたち、ともだち!」シリーズの中から
    1冊選び読んでいます。
     「ともだちや」を知っている子がほとんどで、表紙絵を見せるだけで「知ってる、知ってる〜〜〜!
    オオカミ大好き〜♪」って歓声があがります。

     さて、11作目となる今回の新しいともだち候補はコダヌキくん。
     いますよねぇ〜。こういう子。
     遊んでいる子どもたちの輪の中に入りたいけれど、なかなか一歩を踏み出せない子。
     でも、コダヌキくんにとってのハードルは、“恥ずかしい”とかって言う事じゃなかった。
     “怖〜い”オオカミくんでした(笑)。

     オオカミくんには気の毒なことに、彼の鋭い牙やら有り余る元気さや大声がコダヌキくんを
    臆病にしてしまっていました。
     オオカミくんの“とってもとってもwelcome〜♪”な気持ちがなかなか伝わらないんです。
     このシリーズを読んでいる子たちは、きっと読みながらオオカミくんのことを「オオカミは
    いいやつだから!」って弁護してくれていたんじゃないかしら。

     見た目だけで避けられるって悲しいですよね。
     オオカミくん本人にはどうすることもできないんですもの。
     でもでも、一生懸命コダヌキくんに近づこうと努力するんです。
     オオカミくんのこの姿が、けなげで可笑しいけれどちょっとがかわいそうでした。

     さてさて、どうなるのかな?って思っていたら、やっぱりオオカミくんの最大の理解者
    であるキツネくんがコダヌキくんに寄り添って、・・・。
     このあとのオオカミくんの“熱い熱いともだちを求める思い”に13歳の息子と一緒に
    泣き笑いでした。

     キツネくんを介してオオカミくんの優しさに気づけたコダヌキくんも良かった。
     “近づいてみなきゃ素敵なともだちは増えないんだ”って事にも気づけたんじゃないかしら?

      読後「僕も初めて『ともだちや』のオオカミを見た時、コダヌキみたいにビビッたよ」って、
    息子が笑っていました。

    掲載日:2012/06/27

    参考になりました
    感謝
    2
  • 見かけと中身の違い

    5歳の息子に読んでやりました。みかけの怖いオオカミくんが恐ろしくて、一緒に仲間に入りたくても入れないコダヌキくん。そんなコダヌキくんになんとか誤解を解いてもらおうと努力するオオカミくん。そこがとてもいじらしい。まわりのお友達もそんな誤解を解いてやりたいと助けてあげる、さすが友達!って感じ。息子もやった!と喜んでいましたよ。見かけと中身の違いってなかなか埋めるのは難しいから、何がきっかけでどうやってくずれていくのか、ひとつの方法を知ったかなー。見かけで判断しないようにと伝えたい母です。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 特別な1冊になりました。

    「ともだちや」シリーズの最新作。息子が小学校に入って、読み始めたシリーズでした。

    今回は、みんなと友達になりたいコダヌキくん、でもオオカミが怖くて、なかなか一緒に遊べないんです。ショックを受けたオオカミですが、コダヌキくんと友達になりたい・・・と、まず自分で出来る事を一生懸命に探し努力したんです。この姿に、子供も私も、とっても心を打たれました。
    人は見かけで判断してはいけない!!ホントにそうです。

    丁度、友達のことで悩んでいた息子、この絵本と出会ったことをきっかけに、自分で出来る事を見つけ努力したんです。そう、このオオカミの様に。。。
    少しづつではありますが、息子を取り巻く環境が変わってきたようです。
    そして私自信も、時にはキツネさんのように、時にはミミズクさんの様に見守ってあげられたらいいな〜と思いました。

    この絵本は、我が家にとって特別な1冊となりました。
    是非、沢山の子供たちに読んでもらいたいです!!

    掲載日:2012/06/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 外見で決めちゃダメ!

    このシリーズで1番もしくは2番目くらいで好きな作品です。

    おおかみが怖くて仲間に入れない子だぬきさん。おおかみくんがにっこり笑顔を特訓しても逃げられて、
    がっくりしておおかみさんは広場に来なくなります。でも、きつねくんと子だぬきさんが一緒に家を覗き
    に来ると、、、、

    外見で決めちゃいけない、という大事なテーマが説教くさくなく、子供たちに伝わるいい作品だと思います。
    おおかみが目覚めたら両脇にきつねとたぬき、、というシーン以降の部分がとてもほのぼのしていて素敵。
    おすすめです。

    キャンペーンでコメントを書き始めましたが、内田さんのサイン、ぜひいつか貰いに行きたいです。
    読み聞かせ会をしてほしいですね。

    掲載日:2012/06/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • つよいおおかみはやさしい

    こだぬきが、迷っている気持ちはすごくわかります。
    いくら優しそうだって、よく知らないし、大きくて、
    口だってものすごく大きいもの。
    一方、おおかみが部屋で大粒のなみだをためて、ねているところ
    ほんとうにかわいそうでした。
    だから、きつねがこだぬきをつれて、オオカミの家に来てくれて、本当のオオカミの心がわかって良かったです。
    きつねはおおかみのこと、真剣に心配していましたものね。

    掲載日:2016/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおかみさん!

    • ともっちーさん
    • 40代
    • ママ
    • 佐賀県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    見た目がこわいおおかみは、なかなかこだぬきと友達になれない。

    せっかく優しく笑う練習をしたのに逆に怖がられてしまい、落ち込んで寝込んでしまうおおかみの姿が、可哀想なんだけどついつい笑ってしまいます。

    しかし、良くわからないけどこだぬきへの手紙(?)でようやく仲良くなれた二人。
    大喜びのおおかみがかわいいです。

    またお友達が増えて良かったね。
    心温まるお話でした。

    掲載日:2015/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • オオカミくんって いいひとです!

    「おれたち ともだち」シリーズを
    全部読んでみて
    私は オオカミくんの性格や人柄?が大好きです。
    今回は見た目が怖い?オオカミくんが悩むところが見どころですね。

    たしかに
    小さい子供って
    自分のお父さんより
    背が高かったり 体格がいい人をみたら
    それが親戚の優しいおじさんであっても
    こわがったり なつくまでに時間がかかったり。。
    そんなことを思い出しました。

    コダヌキくんもみんなと一緒に遊びたいのに
    そこに こわいオオカミさんがいる。。
    キツネくんが オオカミくんの本当のやさしさ、
    いいひとなんだってことを言ってくれて
    「よろしく ともだち」 とてもいい言葉だと思います。

    いつも様子を見守ってくれている
    ミミズクさんも大好きです。

    絵本の中から
    人間関係がわかるというか
    それが伝わってくるので
    全部 読んで良かったと思いました。

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人にもオススメ

    新しく環境がかわることが多い春にオススメです。年齢にかかわらず、新しい人に出会うことが多いから。見た目で判断しないよう、オオカミみたいなすてきな友だちを増やしていきたいものです。もちろん、いくつになっても。
    それにしても、文章がとっても読みやすい。オオカミが魅力的なのも、そのセリフがいちいち良いんです。
    子どもだけでなく、是非大人にも読んで欲しい絵本です。

    掲載日:2015/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • どうしても見た目で相手の事を判断してしまいがちですが、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    本当は優しい人なんだよっていうのが最後にわかって、友達になれてよかったね!狼は自分の見た目で損をしてしまっているなー、ちょっと気の毒。でも、間に狐が入った事によって、最後は皆仲良し。狼の書いているお習字がまたいいねぇ。

    掲載日:2014/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • よかったよかった!

    「ともだちや」「ありがとう ともだち」に続き,4歳幼稚園年少さんの娘に読み聞かせてみました。

    今回は,コダヌキさんが出てきます。
    オオカミさんが怖くて,なかなか仲間に入って行けないコダヌキさん。
    次第にオオカミは自分が怖いからだと気づき傷つきます。
    オオカミの心情を思うとせつなくなりました。。
    そこをキツネさんが仲介役となって物語はハッピーエンドへ!!
    よかったね〜オオカミさん,よかったね〜コダヌキさん。
    そしてよい仕事をしました〜キツネさん。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

61件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(61人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット